誕生日と掲載記念

昨日、またひとつ歳をとり、素敵なお花をいただきました。

a0263675_20074358.jpg

実はこのお花、大型パチンコ店の一画にある花屋さんの、「誕生日のお客様に無料でプレゼント」という、太っ腹すぎる謎のサービスでいただいたものです。
パチンコ店のお客様限定でもなく、誕生日が確認できる身分証明を提示すれば誰でも(子供でも)3,000円相当のお花がもらえるというのです。

a0263675_20120568.jpg

友人から聞いたときは、そんなおいしいが話あるのか?と半信半疑で申し込み、
受け取った瞬間、無料とは思えない豪華さに、こりゃたまげた。

「おめでとうございます!よいお誕生日を!」
と、笑顔の店員さんにお花を渡され、
「あ、あの、ほんとこれ、もらっちゃっていいんですか?すいません。」
と、悪いことをしていないのに、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
これは広めて良いサービスなのかすら謎だったので、店舗情報はモザイクをかけておきましたm(__)m


そんな誕生日の夜、久々に夫婦喧嘩をして私の今年一番の怒りが炸裂しました。
怒りすぎた私は、夫にトイレの消臭除菌スプレーを噴射。子供たちはドン引き…
翌日も怒りともやもやが抜けず、ため息をついて帰宅すると、
郵便受けに大きな封筒が…

「ニトリ収納&インテリア」

先月、メールで取材を受けていた書籍が本日発売になり、出版社から送られてきていました。
表紙の真ん中に(やや隠れ気味ではあるが)わが家の脱衣所が…!?
a0263675_20481312.jpg


***************************************

じつはこれまで、RoomClipを通してわが家の写真がムック本に掲載されたことが2度程あり、

1回目はこの本。
あまりにも期待に反してて、「ち、ちっさ。。。」と呟きました。↓ 
a0263675_20520727.jpg

***************************************

2回目はこの本

ニトリで心地よい暮らしを手に入れる! (扶桑社ムック)

扶桑社

undefined

↓ ↓ ↓
「これまたちっっっさ。」↓
a0263675_22532184.jpg
まあ、所詮こんなもんさ。

***************************************


と、今回も全く期待していませんでしたが、

3度目の正直。…けっこうでかいぞ! 
a0263675_20582952.jpg
でかいから粗が目立つww
そしてよく見ると都道府県と職業が…??(謎のお洒落な人になってるw)けど、ま、いっか♪

さっきまでのもやもや気分は、単純なことにスーッと晴れてゆきました。



6年前、大工さんが丁寧に作ってくださったこの棚。私なりに工夫と改良を重ねてまいりました。
サイズもテイストもお値段も、わが家の脱衣所にピッタリのニトリのかご。
出会ったときは運命かと思ったほどです^^
a0263675_21065959.jpg

自分で言うのもなんですが、使い心地は抜群で快適です。
毎日洗濯物をしまいながら、自分を褒めたくなります。
しかし、当たり前の如く家族は誰も褒めてくれません。

ブログやRoomClipにこの棚の写真を投稿して多くの共感をいただき、
「褒めてくれる人がいるという喜び」によって、家事のモチベーションが上がりました。
また、今回の掲載によって、くそったれな気分が吹き飛びました。(すいませんw)
綺麗なところだけを切り取って人に見せ、「褒められたい欲求」が詰まったSNSの世界。
いいんです。それで。使い方さえ間違えなければ、素晴らしいツールだと思います。


そして、私はニトリが大好きです。
↓全国の書店にて発売中です。↓


本屋さんで見つけていただけたら、ちょっとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

[PR]
# by onsix | 2017-10-27 23:56 | 暮らし | Comments(6)

優れた100均グッズとドライブーム


また間が開いてしまいました。

あれからますますリース作りが楽しくて…
リビングに花びらやらタネやら散らかして、家族に嫌な顔をされながらこそこそ製作してました。
a0263675_22573406.jpg


リース作りには、セリアやダイソーの100円グッズが本当に役に立ちました。
グルースティックや木の実などのパーツが何個も入って100円というのは大変ありがたく、さらにラッピンググッズの豊富さとコストパフォーマンスにはもう、拍手喝采です。

アンティークな切手シールや、3色セットのカラー麻ひも(これはお得☆)↓すべて税込108円
a0263675_00044848.jpg

4種類の古紙がプリントされているダイソーの「おりがみ」100枚入☆
a0263675_00095150.jpg
↓ ↓ ↓
リースの下に敷いて包装したら、雰囲気ばっちりでした。
a0263675_00111305.jpg

大サイズのリースには、おりがみ4枚を繋げてマスキングテープを貼り…
a0263675_00123556.jpg

先ほどのカラー麻ひもと古切手風シールでラッピング。
a0263675_00143239.jpg

バザー出品用のリースには、注意書きラベルも作りました。
↓イラストは、2年ほど昔に娘の描いた落書きを使い回してますw
a0263675_00164787.jpg

リースの雰囲気や素材の色に合わせて、麻ひもやシールの色を変えています。
a0263675_00210177.jpg
a0263675_00204492.jpg


こちらは、裁縫上手な幼稚園のお友達ママに作品をおすそ分けしてもらいました。
a0263675_00264712.jpg

刺繍と生地がほんわか可愛い子供用ガーゼマスクと、きらきらリボンのヘアゴム。イラストシールも手作りです。
どれも魅力的で、あっという間に売り切れちゃいそうな品々です☆ Mさん、ありがとう!大切に使います^ ^

息子の頃から数えて今年で7回目となる幼稚園のバザー、ようやく今年で終わりです。
毎年、このようなハイクオリティなハンドメイド小物がズラーッと並ぶ魅力的なバザーなのですが、裁縫が苦手な私にとっては出品が苦痛でしかなく、器用な友人に頼んで作ってもらったこともありました。

ドライフラワーリースは、裁縫が出来なくても、お金をかけなくても、手軽にできるハンドメイド。庭の恵みと、今どきの100円グッズに感謝です。
どなたか買ってくださいますように…

***************************************

この頃、ドライフラワーになる品種をついつい選んで育てております。
お馴染みの千日紅と、「コロロ」という鮮やかで紙のような質感の花びらが特徴的な品種を植えました。
まさにリースの材料にピッタリなのです。(どんだけリース作りたいんだ…)
a0263675_22043984.jpg

歩道花壇は、ラベンダー2種、ローズマリー2種、ルリタマアザミ、千日紅3色。(すべてドライにできます)
a0263675_22202843.jpg

足元にはセダムが地面を覆い尽しております。(こいつはドライにはできません)
a0263675_22270284.jpg



六年間の年季と貫録が出てきたわが家の庭北側。

a0263675_23463734.jpg
シュウメイギクとハクチョウソウが咲き誇り、めっきり秋らしくなってきました。
a0263675_23490193.jpg

そろそろ冬に向けてパンジー・ビオラが植えたくなる時期です。
今年も新種出てるかな?
いつもこのサイトをチェックしてしまいます。 ↓目の保養と勉強になるサイトです。

↓終わってるようなブログですが、一応続けてますぜww
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
# by onsix | 2017-10-14 23:48 | 庭・花・植物 | Comments(5)

夏の作品たち

夏休みが終わってだいぶ経ってしまいましたが、今年の夏もゴージャスにバカンスを満喫☆
…なんてこともなく、去年同様地味にアツい日々を過ごしました。

そんな中、いくつかの作品が生まれました。

まずは、ボーイスカウトカブ隊の課題「ペットボトルいかだ」
2Lのペットボトル30本集め、いかだを作りました。
作り方は自由で、「自分で調べて勝手に作って来い」という課題です。
a0263675_22501817.jpg
ネットで作り方を検索し、良さそうな作り方を真似ました。
先輩に、「おもりを入れると転覆しないよ。」と聞き、一番下の段のボトルに水を入れてバランスを取りました。
裏庭の竹を切って竿を作り、旗を立て、「クレイジーメタル号」と名付けていました。
このイラストとネーミングにはどんな意図があるんだろう…?

実際に川を下る息子。
a0263675_22552302.jpg
この直後、彼は決してきれいとは言えない川に顔から突っ込み、笑いをとっていました。
後半、慣れてきて安定してきたと思いきや、途中で全く動かなくなり、旗をオール代わりにして必死に漕いでいました。

みんなのいかだは本当に様々で、転覆したり、真っ二つに割れてしまう子もいれば、抜群の安定感で優雅に川を下っている子もいました。

翌週は、国宝のお寺の境内を清掃させていただき、座禅を体験しました。
こういう貴重な経験を、安全にさせてくれるボーイスカウトは、私の中で現在、「やってよかった習い事No.1」です。

夏休みの初っ端から2泊3日のカブ隊キャンプがあり、保護者の係として参加することになってしまった私は、最初は憂鬱でした。
4畳半一間の粗末な小屋に子供6人が寝袋を敷いて泊まり、2日間真夏に風呂無しで過ごしました。大人も同様、狭い小屋に4人寝袋を敷いて寝ました。寝心地は最悪でしたが、あまりに疲れていたのでぐっすり眠れました。
大雨と失敗だらけの悲惨なキャンプでしたが、終わってみると良い思い出です。
仲間たちと作った薄味の親子丼を、美味しそうにおかわりする子供たちを思い出すと、
子供の頃は、居心地最高のホテルや遊園地で、至れり尽くせりなバカンスを過ごすより、
あえて不便な環境の中で、仲間たちと助け合う喜びを経験をさせてあげるほうが、逆に贅沢だったりして…。本人は気付いてないけど、息子は恵まれてるなぁ…なんて思いました。
ボーイスカウトに誘ってくれた友人と、適度に厳しく楽しい企画を考えてくれる指導者の皆さんに感謝です。

***************************************

続いて、今年も戦国マニアならではの息子の自由研究(工作?)

「関ヶ原合戦将棋」
a0263675_23545901.jpg
4月から学校のクラブ活動で将棋クラブに入った息子が、
「将棋の駒の進め方って、まるで戦の戦略と同じなんだよ。」
と言うので、
「そんなら、駒を武将にして戦国将棋とか作っちゃえば?」
と私が言ったことがきっかけとなり、息子が、
「それなら関ヶ原の戦いに絞ったほうが作りやすいし、リアルだよ。」
a0263675_23555327.jpg
ということで、関ヶ原で活躍した武将を東軍・西軍に分けて紙粘土で駒を作りました。
昨年の余った材料もうまく使い、製作費は安く抑えました。

駒の底にはもとの将棋駒の表記もしてあります。
a0263675_23553445.jpg
歩兵は足軽で、成る(敵陣でひっくり返す)と旗本に昇格など、戦国と将棋を知る人のみぞ分かる演出が凝らされています。
王将はもちろん徳川家康と石田三成。

飛車と角行は、関ヶ原で最も活躍した重臣。⇒ 成る(ひっくり返す)と、伝説の強豪武将にパワーアップ!
a0263675_00154195.jpg
金将、銀将、香車、桂馬を誰にするかで意見が割れ、私が
「そんな名前聞いたことないなぁ。みんなが知ってる有名な武将にしたほうが良くない?」
と口を挟んだら、
「ぼくのほうが詳しいんだから口出ししないで。」と怒られました。
a0263675_00230622.jpg
「せめて、成ったときには有名武将に変身させようよ。」という私の意見は取り入れてくれました。


駒と武将の説明↓
a0263675_00235470.jpg
さすが4年生。自分で調べて書くことが出来るようになり、難しい漢字もすらすら書いていました。(武田の武が間違ってるけど…)
ちと主観が強すぎて西軍をひいきした内容に偏っております。信長の説明も謎だしw

昨年は、ギリギリまでへとへとになるぐらい作品に時間がかかり、私の手伝いも多く必要でしたが、今年は自分でやれることが多くて完成も早かったです。
1年でこんなにも違うもんなのか?と頼もしさを感じました。
a0263675_00240813.jpg

近所のY君と真剣勝負。↓彼は戦国武将に詳しく将棋も強い3年生☆
a0263675_01031689.jpg
戦国BASARAを教えてくれたのも彼です。
息子は、「お前、強くなったじゃん。」と言われてました。


今年は選ばれるのは難しいかな?と思っていたら、先生に「発想が面白い。戦国好きが伝わってくる作品。」と評価をいただき、入賞することができました。
ご褒美に、まさにタイムリーな内容の映画「関ヶ原」を観てきました。
息子の感想はマニアックすぎるので割愛させていただきます。
a0263675_00482177.jpg

天下分け目の地となった関ヶ原は、岐阜県の誇りでもあります。
今年のゴールデンウイークは、古戦場の近くにある「関ヶ原ウォーランド」に行って来ました。
a0263675_00593680.jpg
「だ?ここ。」「カオスw」と叫びたくなる珍スポットです。
***************************************

一方、こちらはほんわかメルヘンな娘の作品。
「海の中でパーティーをしているところ」だそうです。
a0263675_01185232.jpg
絵画コンクール用に幼稚園に提出したもので、入賞したわけではありませんが、作品は返却されないので撮っておきました。
今回、絵の具を塗らせてあげたらとても楽しそうで、薄く塗って何度も重ねたり拭き取ったりしてました。

母に、就学前に娘の左利きを右に矯正したほうが良いと言われ、鉛筆を右手に持ち替えさせたりしていましたが、左手でボールペンを器用に使い、細かいイラストを描きまくる娘を見ていると、矯正なんかしなくていいんじゃないか?と思えてきました。


先週、トヨタ市美術館で開催されている奈良美智展のチケットをいただいたので、子供たちと行って来ました。
a0263675_01405091.jpg
館内で、作品をパっと見るだけでさっさと先に進もうとするせっかちな息子とは対照的に、娘は作品をひとつひとつじっくり見てコメントしてました。
帰宅すると、心に残った作品を思い出して、おさらいするかのように紙に描いていました。
6歳でも鑑賞できるもんなんだ⁉連れて行って良かったな。奈良さん独特の世界観が子供の感性に響くのかな?とも思いました。
絵が好きなら、もっと上手になるような環境を整えてあげようかと、絵画教室に通わせようか考えたこともありましたが、本人が行きたいと言っているわけではないのと、送り迎えの煩わしさを想像し、次第にその考えは消えてゆきました。


この先2人とも、今好きなことがずっと好きなまま成長していくのか、他にもっと好きな(得意な)ことを見つけるのか、分かりません。
ついつい口出ししてしまう私ですが、なるべく邪魔をせずに応援してあげられたらいいな。



今回は長々と育児を語ってしまいました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
# by onsix | 2017-09-16 18:10 | 子ども | Comments(8)

自家製ドライフラワーリース

毎年秋が近づくと、庭で採れた花や実を使ってリースを作っています。

a0263675_21153464.jpg
↑ 100円の土台(byダイソー)以外の材料は、ほとんど庭から調達しとります。

自宅に飾るためのものと、幼稚園のバザーに出品するものをいくつかこさえました。
まだ材料がたくさん余っていたので、友人を集めて自宅でリース製作会を開催しました。
a0263675_22213108.jpg
息子がおむつをしていた頃からの古い付き合いであるママ仲間たちと久々に集い、トークも盛り上がりました。勇気を出して提案してみてよかったです。
みんなのリース、どれも個性的で素敵でした。(撮影させてもらえばよかったな。)


***************************************


ブログを放置していた数ヶ月間、ひそかにドライフラワーを育てておりました。

まずはアナベル。
梅雨に真っ白な花を咲かせ、夏になると緑色に変化します。
濃い緑になった頃が収穫時で、毎年大量にとれるので、おすそ分けしています。
a0263675_21002867.jpg

同じく6月頃、千日紅とスターチスの種を蒔き、小さな芽を歩道の街路樹花壇に植えました。
a0263675_23401132.jpg
↓ ↓ ↓
種を撒く時期が遅かったのか?苗を植え替えるタイミングが早すぎたのか?
スターチスは全滅。
千日紅だけ生き残って3色の花を咲かせてくれました。
a0263675_21480595.jpg 
 ←ついでに娘も大きくなっています。

毎年咲いてくれるアジサイとルリタマアザミは…
a0263675_21505447.jpg
↓ ↓ ↓

色褪せてきたタイミングで切り花にしてドライフラワーにしました。
a0263675_21541025.jpg



こちらは、お馴染みニゲラの花。年々増え続けておりまして…
a0263675_21545189.jpg
↓ ↓ ↓
初夏に次々と実が成りました。
a0263675_21581940.jpg
こいつもドライにすると可愛いと聞いて、さっそく実践!
↓ ↓ ↓
色褪せたアジサイたちと共に乾燥させます。
a0263675_22015702.jpg
ニゲラの実、今まで普通に捨てていたので、もったいないことしました。
なんと、お洒落花屋さんで1本数百円で売られているのを発見しました。ひょえ~


これらを使って制作した製作費約110円リース↓ じつにエコな一品です☆
a0263675_21094356.jpg



あとは、このわさわさ成っている紫式部の実!
a0263675_22062337.jpg
紫の実はリースに彩りを与えてくれる貴重な材料になります。
まだ色づいていない緑の実も、リースに入れるとなかなか可愛いのです。
↓ ↓ ↓
a0263675_22092861.jpg
一番出来の良かったリースは、ラッピングして姉に贈りました。


来年も豊作でありますように…
来年はもっと上達しますように…


更新さぼりまくってすいません。。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
# by onsix | 2017-09-11 22:48 | 庭・花・植物 | Comments(2)

「4年目の黒艶ランドセル」と「新一年生女子のランドセル」

来年度、新一年生になる娘。

そろそろランドセルを注文する時期になってきました。
まだ6月だし、早いのでは?と思われるかもしれませんが、このタイミングは決して早くはないようです。

近年、ランドセルの購入に保護者の関心が高まってきていて、その加熱っぷりは「ラン活」(=ランドセル活動)と呼ばれるまでになっているそうです。
実際、園から配られるランドセルの資料やカタログは年々ボリュームを増し、配布時期も早まっているように感じます。

そして、私が息子のランドセル選びについて書いた4年前の記事に、今でもコメントをいただいたりしています。
↑この記事、いつの間にかコメントが60件を超えていて、ちょっと驚いております。

ツヤありコードバンランドセルを検討されている方にとって、興味深い内容だったのかもしれません。実際に、「このお店で購入しました。」という報告も何件かいただき、嬉しく思っています。(注:私は決して、ランドセル屋さんの回し者ではありません。)

そして、「その後のランドセルの状態と使い心地を教えてください。」というメッセージをいただいたので、現在4年目の息子のランドセルがこれです↓
a0263675_22563061.jpg
黒い革は、まだピカピカしています。

所々細かい汚れやキズはありますが、クリーナーで拭くと艶が蘇ります。(こちらの記事を参照にしてください)

息子の扱いは本当に雑です。帰宅するとランドセルを机の上に仰向け(白い背中面を上にして)にドカンと置き、
蓋を外しながらゴロンとひっくり返して中身を取り出したりしています。
カバーは、1年生の途中から外れてしまい、以来、ずっと裸の状態で使用しています。
雑な扱いのせいなのか、そういうものなのか、肩ベルトにはしわが出来ています。
a0263675_23023440.jpg

息子曰く、子供にとってランドセルはただの通学用鞄であり、自分のも他人のも、何色であれどんな素材であれ、どうでも良いそうです。
しかし、最近になって馬革のランドセルで良かったと思うようになったと語っていました。
友達によく「きみのランドセル、なんでそんなにピカピカなの?」と聞かれることがあり、
息子は「ん?馬だから?」とチョイうざ自慢口調で答えるそうです。
逆に、「お前のランドセル、茄子みたいにテカってるな。おい、ナス。」と言われたこともあるそうで、「ナスじゃなくて馬だ。馬ka!」とラップ調に怒ってました。

とにかく息子は今でも、このランドセルを気に入っているようです。
(あと3年間、大切にしてくれたまえ。)
a0263675_23220581.jpg
今まで、鍵コメをくださった方のみにこのかばん屋さんの店名をこっそり教えていましたが、申し訳ないことにメールの返信が遅れたり、リンクが文字化けするなどのご迷惑をお掛けしたこともあって、解禁(公表)にしようと思います。
しかし、ここに易々とリンクを貼るのは、今まで質問コメントをくださった方に申し訳ないので、ヒントを出すことにします。

「愛知県 春日井市 ランドセル」で検索してみてください。検索結果の1番、2番に出てくる「Mカバン」さんです。


*******

さて、娘のランドセルですが、同じくコードバンのツヤありを購入しようと思っていました。

…ところが、4年前と全く違う価格に愕然としました。

当時、50,000円(税込)で購入した息子と同じ仕様(ツヤありコードバン・豚革内装)をオーダーしようものなら、2017年現在は、およそ72,000円(やや大きめのA4フラットファイル対応サイズ)に跳ね上がっていました。
に…弐萬円もの値上がり!? 
これが「Mカバン」赤のツヤあり↓む??女の子用は鋲がハート型になってるし(._.)
a0263675_01175042.jpg

しかも娘は、「うす紫のランドセルが欲しい。」と言うではありませんか。
ほとんどのメーカーが、コードバンは基本的に赤と黒しか作っていないのです。

それならコードバンはあきらめて牛革にしよう。
紫色はあまり賛成しないけど、土屋鞄の牛革プレミアムの「ラベンダー」なら文句無しに可愛いぞ♪
この絶妙なスモーキーカラーは、土屋鞄さんならではのセンスと技術なんだろな~。
…しかし、残念なことに、値段が全く可愛くありませんでした。
なんと、諦めたコードバンが余裕で買えてしまう価格。これじゃ牛革にする意味が無いw
そしてこの「高級ラベンダー畑」な画像を見てふと思いました。
a0263675_16443186.jpg

全国に、「我が子に土屋さんの鞄を背負わせたい」と思っているパパとママはどれだけいらっしゃるんだろう?
一生に一度だからと奮発し、良い物をわが子に贈りたいという親心。
素敵だ。確かに素敵なんだけど…。
もし自分が7万円以上のバッグを買わせてもらえるのなら、最低でも10年以上使いたい。
でも、ランドセルは6年間しか使えない。6年って、結構あっという間じゃないか。

扇風機に然りランドセルに然り、
「長い間使い続けることが不可能なものには奮発出来ない」という貧乏性。
「圧倒的知名度を誇る高級ブランドは敢えて選ばない」というマイナー志向。
それがおんしなのです。
要するに、土屋さんは人気ありすぎ&高すぎなのよ。(正直すぎてゴメンなさい)


ああ、どこかに安くて良いかばん屋さん、無いかなぁ…

…って、あるじゃないですか!!すぐ見つかりました。
a0263675_15265397.jpg
幼稚園から娘がどっさり持ち帰って来たパンフレットの中に、ひっそりとありました。

  1. 工房の手作りランドセルで、昔ながらのシンプルなデザイン。
  2. 天然皮革なのにとてもお値打ち。(価格設定はMカバンさんとほぼ同じぐらいです。)
  3. クラリーノではない牛革の紫色が存在する。
まさに私の求めていたかばん屋さんが、なんと岐阜市にありました。

そして昨日、空いている平日を狙って、娘と2人でピューッと岐阜まで行って来ました。
金華山の麓。城下町の風情ある街並みに溶け込んだお店の外観に、心が躍りました。
a0263675_00412725.jpg
素朴なロゴも好みです。
a0263675_00423890.jpg
おお、窓越しにランドセルが見えちょる☆
a0263675_00431670.jpg
内装は、至ってシンプル。こちらの壁は、すべて女の子向けの商品。 
a0263675_00454840.jpg
娘のお目当はうす紫でしたが、私は手前真ん中の落ち着いた色合いのローズピンクが気に入って、
「赤がダメなら、せめてこのピンクはどうよ?」と、何回も娘を説得しましたが、ダメでした。
a0263675_00473124.jpg
優柔不断でなかなか決まらない私たちに、お店の方はとても親切に対応してくださいました。

私の理想は、朱赤の天然皮革、内装は飴色の豚革という昔ながらの正統派ランドセル。
娘の理想は、パール入りの人工皮革にラインストーンや刺繍が施してあるような夢見る乙女系ランドセル。

価値観がまるで真逆の母娘がちょっとずつ歩み寄り、辿り着いたのがこの牛革の薄紫色ランドセルです。
a0263675_00500795.jpg
今まで私の中で、紫は「ケバい」というイメージが強く、NGと思っていましたが(紫がお好きな方、ごめんなさい)、宇野カバンさんのランドセルは余分な装飾や演出も無く、背中面やステッチの色も控え目で品を感じました。

本体価格 50,800円(税込価格 円)
2017年現在にして、牛革でこのお値段はかなりリーズナブルです。
されど5万円。小学生が使う鞄にしては十分すぎるほど贅沢な鞄だと思います。
県内にこんな良いお店があって感激でした。


コードバンを購入するなら→「Mカバンさん」(春日井市)→男子におすすめ。
牛革でカラーバリエーションが豊富な→「宇野カバン店さん」(岐阜市)→女子におすすめです。


ちなみに夫は、「はぁ???む、ムラサキぃ~~??赤じゃないのかよ!?」
と声を裏返して驚いてました。分かるよその気持ちw


以上。4年ぶりのランドセル選び報告でした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

[PR]
# by onsix | 2017-06-29 23:57 | 子ども | Comments(14)


木と土の巣にて


by onsix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

あいさつ

暮らし
庭・花・植物
インテリア・雑貨・器
子ども
おでかけ
友だち
コーヒー
子どもイス
ひとりごと
Conobie

検索

最新の記事

誕生日と掲載記念
at 2017-10-27 23:56
優れた100均グッズとドライ..
at 2017-10-14 23:48
夏の作品たち
at 2017-09-16 18:10
自家製ドライフラワーリース
at 2017-09-11 22:48
「4年目の黒艶ランドセル」と..
at 2017-06-29 23:57

最新のコメント

> Lohas0609..
by onsix at 20:35
おんしさん、お誕生日おめ..
by Lohas0609 at 19:17
> Takumiさん ..
by onsix at 20:06
完全に出遅れました(;^..
by Takumi at 23:12
> YOUさん ありが..
by onsix at 22:45
遅れすぎたぁ!!! ..
by YOU at 09:05
> Takumiさん ..
by onsix at 21:06
やっぱり素敵な作品作りま..
by Takumi at 00:19
> YOUさん 私も器..
by onsix at 17:11
ほんと素敵~☆ おんし..
by YOU at 09:12

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

画像一覧

記事ランキング

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
子育て