カテゴリ:家( 18 )

家づくりをふりかえる。

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
過去におんしの家づくりを記録したもう一つのブログがあります。

a0263675_161359.jpg
「木と土の巣づくり」
http://spuce.blog75.fc2.com



昨年秋に赤ちゃんを出産した妹夫婦が、現在、真剣に家づくりを考えていて、
参考のために私の過去ブログを覗いてくれた妹が、「読みにくい。」と言っていたので、
約3年ぶりにリニューアルしました。

最新記事からさかのぼる表示方法を、最初(古い記事)から素直に読めるように変えました。
(この方法、最終回を迎えたけれど残しておきたい建築ブログ等におすすめです。)

ついでに文字化けを直したり、不要な記事等整理して、ちょっとだけ見やすくしました。
古くて「今さら」な内容ですが、久々に読み返したら懐かしくてちょっぴり面白かったです。
当時、娘はまだ私のお腹の中にいて、幼い息子も時々登場してました。

↓ ↓ ↓ (家づくりに興味ある方、無い方もよろしければどうぞ。)
spuce.blog75.fc2.com

5年前のおんしのハンドルネームは「スプース」でした。
初期の「スプース」の記事を読むと、
「誰も分かってくれなくても、自分の信念を貫くぞ。」という意気込みが感じられて、
「きみ、真面目だね。あのとき面倒臭いことから逃げずに、追求してくれたおかげで今があるよ。」
と、当時のアツい自分を褒めてあげたくなりました。

しかし、読み進めていくと、途中から「誰かに読んでもらう。」ことを意識した文章に変化し、
「応援ポチっとしてください。」が増えていたのが現在の自分と重なりましたw


文中に出てきたスプースの言葉。

家を器に例えてみる。
メーカーの家が、工場で量産される食器だとしたら、私の住みたい家は、手づくりの焼き物だ。
それは『製品』と、『作品』の違いである。

丁寧につくられた道具たちに囲まれて暮らせたら…。
私にとっては、「クローゼットを開けるとブランド品がぎっしり詰まっている」ようなセレブな生活よりも魅力的である。

目指したいのは、「良いものを長く大切に使う暮らし」であるが、
実際の私は、ショボいものをずっと使い続けている。
良いものを手に入れるには、勇気と銭が必要なのだ。


***********


自分はこの頃から全然変わってないんだな…と、しみじみ思いました。
進化したのはあだ名とコーヒーの淹れ方ぐらいかなぁ。


…というわけで、再びお手数ですが、ポチっとお願いしますm(__)m
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 トラコミュ 家づくりを楽しもう!へ
家づくりを楽しもう!

[PR]
by onsix | 2015-03-07 16:25 | | Comments(8)

表紙になってしもた☆

チルチンびとがいつの間にか発売されてて目玉が飛び出そうなぐらい驚きました。

わが家のダイニングが表紙になってるやん!!!

a0263675_19565542.jpg

チルチンびと2014年9月号別冊 「東海で建てる美しい住宅」 だって!ぶはっ♪

愛知・岐阜・三重・静岡の書店に置いてあるそうです。
早速本屋さんに行って買っちゃいました。
恥ずかしさのあまり、表紙を下に向けてレジに出しました。(誰も気づかないって。。。)

東海地方以外にお住まいの方は、立ち読みはできませんが、こちらとAmazon↓で購入できるようです。

チルチンびと増刊 東海で建てる美しい住宅 2014年 09月号 [雑誌]

風土社



うわwほんとに載ってるよ! 恥ずかしいwww
a0263675_205403.jpg

でも、うれしい。。。
a0263675_2061750.jpg

興味ある方、読んでくださるとうれしいです。(それにしても恥ずかしいwww)
[PR]
by onsix | 2014-07-30 20:17 | | Comments(16)

パン教室

昨日開催された、Jikan ryokoさん×亀津建築さん合同企画第2弾に参加してきました。

今回は、「おいしいベーグルのつくり方講座」でした。

恥ずかしながら、私は今までパンをまともに作ったことがなく、ホームベーカリーに任せていました。
もちろん、ベーグルを作るのもこの日が初めてです。
工程としては、「計る→混ぜる→こねる→発酵→成型→ゆでる→焼く」です。
成型の仕方にコツがあり、生地に空気が入ってしまうともちもち感が無くなってしまうそうで、
空気を抜くようにたたんで丸め、閉じていく作業が難しかったです。

この日は参加者の女子率が高く、賑やかでとても楽しい雰囲気でした。
育児から解放され、大好きな場所に来ている喜びと、久しぶりに知り合いのOBさんに会えた嬉しさのあまり、ついつい心が躍りすぎて講習に身が入らず、私の成型のしかたはひどいものでした。
Jikan ryokoの奥様と初対面の方々に優しくフォローされ、無事ベーグルが焼き上がりました。
(もの覚えが悪すぎるふざけた生徒でごめんなさい。。(>_<))
a0263675_11224154.jpga0263675_11225333.jpg

1人5個分のベーグルを作り、ご主人が淹れてくださったコーヒーと一緒にいただきました。
焼きたては、表面がパリッとしてて、とっても美味しかったです。

余ったベーグルは、家で前日に作っておいた鶏ハムをはさんでいただきました。
レタスを切らしていて代わりに冷蔵庫にあったメロンをはさんだら、これが絶妙にマッチしてて、意外と美味しかったです。
a0263675_11583556.jpg


そして、なんと!
今回のおみやげは、前回よりさらにパワーアップしてました。
a0263675_128266.jpg
◎余ったベーグル4個
◎栗とくるみがごろごろ入ったパン
(↑これ、美味しかった☆)
◎コーヒー豆100g
◎住む。
◎チルチンびと

こんだけいただいて、講習料はなんとたったの1000円

太っ腹すぎるよ~。。。


「住む。」をパラっとめくったところ、目次の隣のページに亀津さんの広告を発見しました。
a0263675_12354323.jpg
にゃ!? わが家(のリビング)発見!
a0263675_12363721.jpg
ち、ちっちゃいけどうれしい。。。


先週はわが家の3年点検があり、じっくり時間をかけて建具の不具合や壁の補修などをしてもらいました。
その際、棟梁が「車庫にコウモリが住み着いているかもしれない。」と発見し、数日後、社員さんたち総出でコウモリ駆除に駆けつけてくれました。

先月のチルチンびと取材の時、「亀津建築を知り合いや友達におすすめしたいですか?」と言う質問に夫が、
「住み心地は申し分無く、僕はとても気に入っていますが、無垢しか使わない主義の家なんてマニアックで、一般ウケはしないと思うので、わざわざいろんな人にすすめたりはしません。」
と答えていて、「この人、なんてこと言うんだ!?」とハラハラしながら横で聞いていましたが、
夫の言っていたこともわかるような気がします。

特殊かもしれませんが、好きな人にはたまらない家であり、工務店だと思います。
今から4年前、私たちは亀津建築を選んで本当に良かったと、心から思っています。
そのときのエピソード→
あの頃より従業員さんは増え、デキる営業さんも加わり、年々パワーアップしている印象を受けます。

亀津さん、これからも末永くお願いします。


(※チルチンびとの発売は8月後半~9月の予定だそうです。正式に決まったらまたお知らせしたいと思います。)
[PR]
by onsix | 2014-06-23 13:26 | | Comments(2)

わが家のいけてない箇所を見直そう その4

久々に「家」ねたです。
昨日は「チルチンびと」の取材と撮影でした。

チルチンびとは、家を建てる前からずっと憧れていた建築誌で、この家を建ててくださった亀津建築に出会うきっかけでもありました。
「まさかわが家が載せてもらえるなんて、信じられないです。」と謙虚に書くべきかもしれませんが、正直に言いますと依頼された瞬間、「しゃー!ついに来しゃーッ!!」と心の中で叫んでいました。

過去3回の完成後見学会の際には、どこを見られても恥ずかしくないよう、わが家のいけてない個所を見直して来ましたが、今回はカメラマンさんが上手に撮ってくれるから隅々まで気を配る必要はないだろうと、気楽に考え、ただ浮かれていました。
ところがある日、超人気ブログをいくつか閲覧していたら、
「なんてお洒落で素敵なお宅なんだろう。それに比べてうちときたら…やばい。こんなん見せれんわw」
と、急に恥ずかしくなり、テンションは急降下していきました。
巷では、「ありのままの姿見せるのよ。」が大流行していますが、
わが家のありのままを見せたら、それはそれは寒すぎる事態になるではないかww
ということで先週、慌てて大掃除とインテリアの見直しを図りました。(いつもギリギリですw)

まずは、お風呂の木(槇)の壁。
ここ、本当にやばいことになっていました。
入居して約1年半までは換気や掃除を怠っても全く変化が無く、
「木のお風呂って、意外と掃除も楽だし最高!」なんて思っとりましたが、
2年を過ぎた辺りから急に黒ずみ出し、気付くと所々にカビが生えていました。
a0263675_48186.jpg
ユニットバスやタイルの目地ならハイターで落とせるけれど、木はどうにもならないな。。。
と諦めかけていたら超グッドタイミングでハーモニーさんが「こんなのあるよ♪」と、
白木専用の漂白剤を分けてくれました。
早速使ってみると…
Before
a0263675_48588.jpg
After
a0263675_10492747.jpg
この通り☆ずいぶん綺麗になりました。
a0263675_10485265.jpg

入居して間もない頃、夫がやらかしてくれた脱衣所の床のカビもこれで綺麗に無くなりました。
a0263675_1057322.jpg
こちらは薬をたっぷり塗ったせいか床の色が白くなってしまい、ちとやりすぎだったかなw
ハプニングもありましたが、こんなに見事にカビが落ちてくれるなんて、万々歳です☆☆
ブログを通じて出会ったママ友&木の家仲間のハーモニーさんに、心から感謝しております。

続いて、洗面所のハミガキグッズが清潔感に欠けていました。
ハブラシ立てとして使っていたガラスコップの底には水垢が溜まり、うがい用コップの下に敷いてあった布巾は常に湿っている状態で、裏返すとここにもカビが生えてました。
a0263675_1184869.jpg

すると、「珪藻土&洗い出し仕上げ」というなんともおんし好みなハブラシスタンドに出会いました。
バスマットやコースターでお馴染みの「soil」というブランドです。
悩みだった水滴のジメジメをカラッと吸い込んでくれる優れモノです。
ハブラシ立てにしてはちと高級なので迷いましたが、「うちの洗面台にこれ以上しっくりくるものは他に無いだろう。」と、コップ置き用にソープディッシュも一緒に「えーい」と購入しました。
a0263675_5232178.jpga0263675_521235.jpg
左官技術が光っています☆
a0263675_5283697.jpg
使い心地は抜群です♪a0263675_11181334.jpg
出費がかさんで金欠状態の今月に、こんな贅沢品買っちまったがねww
出費は痛いけど、思い切って買い替えて良かったです。

引いて見ると、馴染みすぎてて存在感が無くなりますが、それもまた良しとしましょう。a0263675_11102513.jpg


あとは、撮影の時にリビングに置いてあった息子の勉強道具一式を子供部屋に移動したところ、
以前よりグッと子供部屋らしくなりました。
a0263675_11321038.jpgこのまま自分の机で勉強してもらいたい。

ボロボロに壊れていたダンボールハウスは、息子の強い要望で捨てずに二人で修理しました。
a0263675_11351687.jpg
載せてもらえるかなぁ。。


撮影中はとにかく息子が調子に乗ってはしゃぎすぎて、多大な迷惑をかけてしまい反省しています。
事前に私が「元気に遊んでるところを撮ってもらうんだよ。」と言ってしまったが為に…
「ちゃんといい子にしててね。」と言うべきでしたwwああごめんなさい。。
取材を受けながら久しぶりに家づくりを振り返ることができ、懐かしくてじーんとしました。
あれから3年も経つんだなとしみじみ。。


おまけ
みーぼーママさんへ。
これが例のおんぼろ色鉛筆です。20年経っても発色はきれいです♪
絵本棚にボロボロの箱をそのまま立てかけて使っています。
見やすくて片付けもしやすいですが、短くなった鉛筆は取り出しにくいのが難点ですw
a0263675_11475064.jpg

この人も、ようやく床や机にいたずら描きしない年頃になってくれました。
a0263675_11485771.jpg

[PR]
by onsix | 2014-05-19 13:35 | | Comments(16)

至福のひととき

朝晩めっきり寒くなり、とうとう私の嫌いな冬がやって来ました。
「冬になるとわくわくする♪」という声をよく耳にしますが、私は逆です。
草木は枯れて庭が淋しくなるし、大掃除や年賀状の準備は面倒だし、何と言っても寒いのが嫌です。

しかし、この家に住んでからは、
「ファンヒーターの灯油補充しなきゃ。」とか、「窓が結露してる。」とか、
「あっちの部屋は寒いから行きたくないな。」というのが無くなり、以前よりは冬が好きになりました。

a0263675_9242337.jpg陽が差し込んでくる10時~16時半は暖房を入れなくても家の中はポカポカしています。
この日は午前11時で暖房無し、加湿器無しの状態で
室温22℃、湿度51℃ありました。→


ちなみに曇りの日は、暖房無しでは肌寒い(19℃前後)です。
平日の昼間は電気代が高いので、できれば暖房は付けたくありません。
そういうときは薪ストーブが羨ましいです。

わが家の今年の夏から秋にかけての電気代(オール電化 Eライフプラン)です。
6月  8,983円(エアコンなし)
7月  9,995円(24時間エアコン付けっ放し状態)
8月 13,490円(  〃  )
9月 12,723円(  〃  )

10月  9,125円(エアコンなし)
11月 11,163円(  〃  )
お恥ずかしながら、平均して高めの電気代ですが…
真夏のピーク時、24時間(留守中も)ずっとエアコンを切らずに過ごしていたにも関わらず、冷房代はそこまで大きく影響していないのがわかります。
(しかし、まったくエアコンを使っていない月に1万円も電気代を食っている理由は何だろう。。)
ちなみに、6月~10月前半まではお風呂を沸かさず、シャワーのみ使用していました。
(ということは、給湯が大きいということかな?)
電気代は今月から値上がりするらしいし、これからたくさんお湯や暖房を使うこの季節、今後の請求が怖いです。

*****************************************

一昨日、ずっと行ってみたかったコーヒーとパンのお店Jikan ryokoさんに行って来ました。
内装は亀津建築が施工されたとのことで、オープン前からずっと気になってました。
パンを焼かれている奥様がもうじき出産されるため、パンは今月いっぱいでしばらくお休みされるそうです。
「パンが無くなる前に行かねば!」ということで、お昼に娘と2人でパンとキッシュとコーヒーをいただいてきました。
とても居心地の良いお店で、優しい店主さん(ご夫婦)ともっとゆっくりお話していたかったのですが、娘が悪戯ばかりするので、泣く泣く退散しました。
a0263675_925622.jpg
時間ブレンド200gと、クリームパンをおみやげに買いました。

このクリームパン、カスタードが美味しいのです。
子供たちはものすごい速さで平らげていました。

「渡さないわよ!」の顔。
a0263675_9252621.jpg


さて、時間ブレンドは…
a0263675_9254468.jpg
挽いた瞬間、香りがぼわっと広がりました。
部屋に入ってきた夫が、
「おぉ。美味しいケーキ屋さんの匂いがするぞ。」と言ってました。
ケーキなんて無かったのにな。。
a0263675_926107.jpg
お湯を垂らすと泡がムクムク…
あぁうま♡ 思わずすすってから撮りました。
a0263675_9265756.jpg

今まで遠くへ出向いたりして豆を買っていたけれど、念願の近場に美味しい珈琲屋さん見っけ☆
これからはここに通うことになりそうです。

ふと、数年前まだ工務店を決めかねていた頃のことを思い出しました。
プラン決めの時に私がぼそっと言った
「コーヒーが美味しく飲める家に住みたい。」
という一言に、当時の設計士さん(Mさん)は大きく反応し、
「わかります!それってすごく大切なことだと思うんです。我々はそういう家を目指してます。」
と目を輝かせて話してくれました。
そのとき私は、「ぜったい亀津建築で家を建てるぞ!」と強く思ったことを覚えています。

あのときの夢が叶った今。
美味しいコーヒーを飲むことができる今。
幸せです。
[PR]
by onsix | 2013-11-28 09:49 | | Comments(10)

風呂の窓

娘の昼寝時間が短くなり、ブログに向かうタイミングがなかなかつかめないこの頃。
彼女の活動時間にPCを開こうもんなら、たちまち餌食(オモチャ)にされてしまうのだ。

ここ最近、家づくりの同志たち(同期の施主ブロガーさんたち)が、次々とブログから遠ざかっていくことに淋しさを感じている。
このブログもややフェードアウト気味ではあるが、できることなら続けていきたい。

**************************************

さて。
わが家が竣工当時からひそかに抱えていた問題が、先日やっと一段落ついた。

「坪庭を眺めながらお湯に浸かろう」という欲望のもとに風呂に大きな透明窓を設置してみたものの…
「ありゃwwご近所さんから丸見えじゃないかwww」という悲劇である。
(→詳しくはこちらこちら。)

これがその問題の窓。ちょうど体を洗う位置から、ご近所さんの2階の窓が見えるのだ。a0263675_0391659.jpg
↓ ↓ ↓ アップにしてみると… ほらw
a0263675_0433717.jpg
すだれで目隠ししていても、夜になると見えそうで落ち着かないのよぅww


ブラインドやロールスクリーンを設置するとかあれこれ検討してみたが、
結果、外から見える右側の(開閉できる)窓のみをすりガラスに替えて、
左側のFix(はめ殺し)窓は坪庭を眺められるように透明のまま残した。a0263675_1765411.jpg
よし!これで堂々と風呂に入ることができるぞ♪
…と言いたいところなのだが、なぜかまだ落ち着かない。
見られているはずがないのに、外が気になってしょうがない。
これを「乙女心」とでも言うのだろうかwww


ところで、この坪庭の竹、葉っぱがかなり茂ってきておる。

植えてもらったばかりの頃(2011年11月)
a0263675_1723140.jpg

翌年の夏(2012年7月)
a0263675_1755730.jpg

現在
a0263675_046123.jpg

上から見ると
a0263675_22235794.jpg
左の新しく生えてきた竹からびよよよんと葉っぱが暴れて飛び出している。
なんかこれ、ダサいぞw

それにしても、竹の成長の速さおそるべし。。。
竹の剪定ってどうやればいいんじゃろう(*_*)


夜になると…
a0263675_23591950.jpg
笹(竹)のライトアップは「癒し」というより「不気味?」。。。
a0263675_23594633.jpg

3年目を迎えた坪庭の竹林。
風呂から眺めるこの景色は、「失敗」とまでは言わないが、
「満足」とも言い難い「微妙」なスポットである。
[PR]
by onsix | 2013-09-10 00:14 | | Comments(8)

ごほうび

先日の見学会のご褒美に、立派な棚を作ってもらいました。

a0263675_8474451.jpg
わが家には外物置がなく、高圧洗浄機やブロアバキュームの置き場所に困っていました。

理想は木の小屋を建てることですが、今のところわざわざ小屋を構えるほどの荷物も銭も無く…
ふと「鍵と屋根の付いた坪庭こそ、物置として使えるではないか?!」と発見したのです。

玄関へ続く扉とエコキュートの間のスペースに、ちょっとした棚があったらいいな…と思っていると、グッドタイミングで工務店から見学会の話を持ち掛けられたので、
ここに棚を作ってくださるなら見学会開いてもいいですよ。」
と交渉したところ、取引が成立しました。
↑さすが。プロが作る棚は高品質で、家との統一感もバッチリです。

友人から貰った「犬の尻フック」の使いみちがやっと決まりました。(この尻、もっと欲しい)
a0263675_8475766.jpga0263675_84834.jpg

玄関奥の扉を開けると左側にあります。(左) 反対側から見るとこうなっています。(右)
a0263675_8482310.jpga0263675_8481080.jpg

もともと大きな庇があるので雨にも濡れず、扉を閉めれば玄関からは見えません。
a0263675_848296.jpg
これはもう、大大大満足です。

*************************************

a0263675_8483694.jpgもうひとつ。サプライズな工事が☆
ホームシアターのリアスピーカーのケーブルを地下(床下)に配線してくださいました。

←ケーブルは床下放熱器のガラリから出してもらったので、壁や床がすっきりしました。

大工さんが床下に潜っているのを見て、幼い兄妹もいつの間にか床下に潜り込んでいました。
(床下の感想は、迷路みたいで楽しくて、ひんやり涼しかったらしい。)
これで、柱や梁にくっ付いていたプラスチック製モールとおさらばできました。
a0263675_14261339.jpga0263675_8484118.jpg
亀津さんは、いつも期待以上のことをしてくださるので感激です。
ちょうど同時期に、エアコンの排水管の詰まりや鍵が閉まらない(勘違いでした)トラブル等も迅速に対応してくださいました。

本当にありがとうございました!! これからもよろしくお願いします。
[PR]
by onsix | 2013-08-25 16:59 | | Comments(6)

わが家のいけてない箇所を見直そう その3

「はやく更新せねば。。」と思いつつ、なかなか時間がとれず…
いつの間にか8月も第一週が終わっていました。
こんな感じで夏休みもあっという間に終わっていくんだろうな。。

先日、わが家にて亀津建築さん主催の「完成後見学会」を行いました。
見学会はこれで3度目ですが、毎回緊張します。
お客様にどこを見られても恥ずかしくないよう、前日までに徹底的な大掃除(炎天下での窓拭きと庭掃除、年末にさぼった換気扇や冷蔵庫の中まで頑張ってもうたw)と、ついでにわが家のいけてない箇所の改善を施しました。
そんな、ささやかな陰の努力の一部をご紹介します。


まずは、娘に汚され、破られ、さらに息子に穴を開けられた障子×3枚分
a0263675_2372157.jpg
←息子は、この穴を
(トムと)ジェリーの家」と呼んでいました。
↓ ↓ ↓ 以前の倍以上の速さで張り替えることができました。慣れてきたもんです。
a0263675_240313.jpg


キッチンでは、ひときわ生活感を漂わせるラップや、クッキングシートのうるさいパッケージを、無印のラップケースに取り替えました。
a0263675_2505726.jpg
これおすすめです。あのごちゃついた存在感を消してくれます。a0263675_257488.jpg


同様に生活感を放出する子供のふりかけやお茶漬けは、ブリキ缶(100円ショップで調達)に入れ込みました。
a0263675_2481454.jpga0263675_2482248.jpg


キッチン背面のレンジ横のエリアは、せっかくのカウンターを使いこなせず、しばしば物置状態になっていましたが、現在はノートパソコンを置いています。
キッチンにパソコンがあると、何かと便利だということに最近気が付きました。a0263675_315487.jpg

マウスのコードは、友人から貰った不気味可愛い真鍮のクリップで束ね、
電話(子機)の手前には、かあちゃんの瓦♪を、メモ置きとして使用しています。a0263675_3311989.jpga0263675_3361419.jpg




場所は変わって、こちらは脱衣所手前廊下にある収納スペース。
a0263675_3453369.jpg
戸を開けると、衣装ケースに普段着や下着類が入っています。
この収納、入浴前に着替えを用意するときや洗濯物をしまうのに大変使い勝手が良いです。

しかし、ケースの引き出しはスケスケで、中身が丸見えwww
a0263675_3465731.jpg
↓ ↓ ↓
ここを見られても恥ずかしくないよう、目隠しを施しました。a0263675_3551217.jpg


紙ナプキンを半分に折って、マスキングテープで留めるだけという雑な方法ですが、自分では「ナイスアイデアだ」と思っています。
a0263675_3573135.jpga0263675_3564950.jpg
他にも、クローゼットや納戸の中をちょこちょこ工夫を凝らし整頓してみたのですが、
当日、さすがにそんな場所まで開けて見ようとするお客さんはみえませんでした。
なので、頼まれてもいないのに自分で開けてアピールしてしまいました。(あほです。)

ドライフラワーは、気合を入れて大量にこしらえてしまったので、束にして半強制的に配りさばきました。
ありがた迷惑なプレゼントだったらごめんなさい。。(*´Д`)
a0263675_1819144.jpg
(友達にあげるぶんはちゃんととってあるよ。)
a0263675_1824427.jpg



残念ながら、改善できなかった点もあります。

高さ調節機能が壊れている+へんちくりんなカバーの付いた扇風機。
a0263675_8425538.jpga0263675_843413.jpg
おしゃれ家電やクールなサーキュレーター等を見ると、「いいな☆」と思いますが、こいつはまだバリバリ使えるので、壊れるまで働いてもらいます。


ホームシアターのスピーカーの配線隠しは、亀津さんに「おんしさん、ダサいよこれは。」とダメ出しされました。相変わらずハッキリ言ってくださいますなぁ。
a0263675_17514067.jpga0263675_17521975.jpg
たしかに、ださい。。


今回の見学会も、楽しく過ごさせていただきました。
接客は全く向いていないと思っていた自分でしたが、会を重ねるごとに案外得意になってきたような気がしています。
きっと、同じ施主という立場だからこそ、お客さんと気楽に話せるのかもしれません。
あの頃の自分もそうですが、施主さんは皆、夢を実現させたくて必死です。
造り手は、何人ものそんな想いを背負い続けるわけで、プレッシャーも大きいだろうなと感じました。
家を建てるという仕事は、魅力的ではあるけれど、精神的にも重労働なのかもしれません。
改めて、亀津さんには感謝(+期待♪)しております。

ついでに、スプースのブログがチルチンびと東海版にちょっぴり掲載されました。
a0263675_2230066.jpg

本当にちょびっと。しかも、よりによっていけてない温度計の写真やんwww
a0263675_2233207.jpg

ま、いっか♪
[PR]
by onsix | 2013-08-08 07:58 | | Comments(4)

わが家のいけてない箇所を見直そう 其の弐

入居してそろそろまる2年が経とうとしていますが、
ここ数ヶ月、ついつい庭ばかりで、家の中のことがおろそかになっていました。
ふと気が付くと、いつの間にかリビングが子供のものであふれかえっていました。

見て見ぬふりをしてきたダイニング横の子供コーナー。
a0263675_021542.jpg
使わなくなったベビーベッドにごちゃごちゃと積み上げられたおもちゃたち。(左)
娘に絵本を引っぱり出され、いつもは本が斜めに倒れている状態の木製ラック。(右)

「おもちゃは子供部屋に移動させ、ここにずっと使えそうな本棚を置こうか??」
夫に相談すると、「ヒュッテさんに本棚を作ってもらおう。」と、
とてつもなく贅沢なことを言い出したので、聞かなかったことにしました。

と、無垢の家具をネットで検索してみると…
a0263675_152307.jpg
国産よりはリーズナブルなインド製チーク材。
「これいいじゃん!」と思ったら、
お値段約10万円。
それでも高いよ。。。"(-""-)"

いつかはここにちゃんとした家具を置きたい気持ちもありますが…
今は、今は、…まだ我慢です。

あれこれ考えた末、子どもがまだ小さいうちは、木製ラックに最低限のおもちゃを残して、
この隣に小さめの本棚を置くことに決めました。
a0263675_194349.jpg
絵本をどかし、棚の位置を変えると、収納スペースに余裕ができました。
a0263675_1325193.jpg
ここには、よく遊ぶままごとセットや、レゴ、お絵かきセットなどを置いています。

ニトリの小物入れに、息子が「LEGO」「おえかき」と書いたプラ版を貼って、わかりやすく取り出してしまえるようにしました。
ついでにあのときの作品も貼って、ビミョーなデコレーションを施しました↓。
a0263675_139089.jpga0263675_1383075.jpg


本棚は、サイズがピッタリで使いやすそうなものを通販でいくつか見つけました。
a0263675_1464267.jpga0263675_1465356.jpg
値段は2~3万円程。可愛くて使いやすそうだけれど、材質がちょっとww

そこで、夜な夜な「本棚」を検索しまくり、iichiというハンドメイドショップを見つけました。
このショップには、若手作家さんのお洒落なアンティーク風ラックなどもありましたが、いろいろ見た中で、もっとも惹かれたのがこれです。→無垢の絵本棚
a0263675_221462.jpg
製作されているのは、元中学校の体育の先生で、定年後の現在は、主にグランド整備用「とんぼ」を作られている木工作家さんです。
「金具を使わない 壊れにくい 木製のとんぼを安価で…」というプロフィールを読んで、
「これは、これは!良い仕事をされているに違いない!」と、ビビっときました。

これがトンボ↓
a0263675_4024.jpg

最初は棚に合わせて茶色く塗ろうと思っていましたが、
届いた実物を見たら、もったいなくてやめました。
白木は、時間が経つと色が変化して、家に馴染んでくるそうです。a0263675_229658.jpg

釘やネジは木栓でぴちっと埋められ、とても綺麗に処理されています。
表面はすべすべにやすりがけされていて手触りが気持ち良いです。a0263675_221145.jpg
a0263675_2372818.jpg
下段にはブックエンドも付いていて、
本が倒れません。

この品質で、送料含めても1万円を切るお値段!!
他にはないんじゃないかな。

まさに大当たりな買い物でした。


a0263675_254117.jpgBefore
↓ ↓ ↓
a0263675_2531421.jpgAfter
う。。。写真で見るとあまり変わってない。。。
(でも、実際はずいぶんスッキリしたんですわ。これでも。)

それよか、引っ越し当初はこんなにすっきりしていたリビングが…
a0263675_256794.jpg
↓ ↓ ↓ 2年後、こうなってしまったことのほうが、劇的ビフォーアフターかもしれない。。。
a0263675_2564677.jpg


撤去されたベビーベッドは、子供部屋でまたしばらく活躍してもらうことにします。
a0263675_018482.jpg


*********************************

ついでに、もう1箇所。

軒先にすだれを留めていたプラスチック製フックがものすごくいけてませんでした。
茶色の中に、白いプラスチックがまぶしく浮いておるよwwa0263675_343126.jpg
しかも、風ですだれがよく外れるので、針金でぐるぐる巻いたりしてましたが、それでも外れてました。
a0263675_35889.jpga0263675_3503.jpg


先週、ご近所で粋な金具にすだれを垂らしているお家を発見!
入手先を教えてもらい、即購入しました。
a0263675_311374.jpg
地元の金物屋さんで、2個入り175円でした。プラスチックのよりずっと安いではないか。。
a0263675_315794.jpga0263675_3154624.jpg

これなら外れないし、すっかり存在を消してしまうほど馴染んでおる。
a0263675_3165778.jpg
もっと早く出会いたかったよん♡
[PR]
by onsix | 2013-06-19 13:49 | | Comments(10)

冬の住み心地レポート&ライダーベルトと絵

また少しさぼってしまいました。

※2013.3/12 2~3月分の電気代を追記しました。

まずは、昨年度の冬の電気代です。(オール電化 Eライフプラン)
11~12月  16,815 円
 12~1月  23,403 円
  1~2月  22,007 円
  2~3月  19,904 円

そして今年は、
11~12月  17,310 円 (+495円)増
 12~1月 22,285 円 (-1,118円)節約
  1~2月 18,260 円 (-3,747円)節約
  2~3月 16,737 円 (-3,167円)節約

昨年度より節約できました。
ただ、やはり床下放熱暖房は電気を食います。
約130平米の一軒家をまるごと温めてくれるのだから仕方ないのかもしれませんが、昨年のピーク時の電気代には正直ショックを受けました。
ちょっと慣れてきた今年は、タイマー機能を使って暖房を付ける時間帯を工夫したりしました。
さらに、電球を白熱球から蛍光球やLED球に替えたのも影響したと思います。

そして不思議なことに、今年はなぜか空気が乾燥せず、加湿器無しで快適に過ごすことができました。
昨年は肌がカサカサ乾燥して、保湿クリームを塗ったり、しっとり効果のある入浴剤も欠かせませんでしたが、今年はそれらをほとんど使用せず、大人も子供も肌が潤っている気がします。
使わなくなった加湿器は、またもや実家で使ってもらうことにしました。
どうやら土壁の調湿機能は、新築当初より入居1年半後の現在のほうが効いているようです。

新たに温湿度計を購入しました。
a0263675_7461523.jpg
日付、時間、温度、湿度、ウィルス発生の危険度まで知らせてくれる優等生。
サイズも値段もとってもお手頃で、おすすめです。

ELECOM 温湿度警告計「goud」 (ゴウド) 熱中症・インルエンザ対策 ホワイト OND-01WH

エレコム



3月になって急に暖かくなったので、無暖房生活を開始しました。
屋外はまだまだ冷え込む朝(今朝は6℃でした)でも、室内は20℃近くあります。
20℃前後はちょっと肌寒くも感じますが、暖かい飲み物を飲んで動けば全く問題無く、
ゴミ出しから帰ってきて家の中に入った瞬間、ほわ~っと暖かい空気に包まれました。
この家の断熱性能のすごさを実感しています。

※2013.3/12 追記:
この記事を書いた翌日、気温が急降下。
やはり朝晩はまだ寒いので、床下暖房をタイマー運転にて再稼働させました。
ちなみに、冷え込んだこの日(気温1℃)でも、室内は無暖房の状態で16.8℃ありました。
こりゃすごい!(でも、16℃はちと寒かった。。。)


またいっぱい自慢しまくってごめんなさい。
ぜひとも土壁高断熱の素晴らしさを伝えたく、検討されている方への参考になればと記しておきます。


*************************************


さて。話は変わりますが、知人から仮面ライダーのベルトと剣をいただきました。
その名も、「仮面ライダーレンゲルなんじゃそれ???
a0263675_6355855.jpga0263675_6364386.jpg

9年前に放送されていた仮面ライダーブレイドに出てくる脇役ライダーの変身ベルトと武器という…かなりマニアックな代物ですが、ぴかぴかの新品状態でした。
今までこういう特撮ヒーロー系の玩具を買ってもらったことのない息子は大喜びで、毎日幼稚園から帰ってくると、これを装着して遊んでいます。
近所の子供たちも見慣れない変身ベルトに「すっげぇ!」と褒めてくれるので、息子は得意気に、「ちょっと待ってよ。順番、順番。」と言いながら9年前のヒーローになりきり、ご近所中にうるさい音を轟かしていました。

そんな息子ですが、ハイスペック玩具がやってくるまでは、折り紙とお絵描きにはまっていました。
a0263675_652056.jpg

イキがっていても、頭の中はメルヘンな世界が広がっているようです。
a0263675_6524341.jpg

アルファベットに興味があるのか、このめちゃくちゃな感じと色づかいがなんとも言えません。
a0263675_6525945.jpg

今しか描けない幼児期のこの画風、好きです。
あえて息子には絵を教えず、これからもそっとしておこうと思います。


おひなさまを飾っていたコーナーに1枚飾りました。
a0263675_6573253.jpg
a0263675_657506.jpg

すいません。自己…親満足です。。。
[PR]
by onsix | 2013-03-09 11:21 | | Comments(14)


木と土の巣にて


by onsix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

あいさつ

暮らし
庭・花・植物
インテリア・雑貨・器
子ども
おでかけ
友だち
コーヒー
子どもイス
ひとりごと
Conobie

検索

最新の記事

夏の作品たち
at 2017-09-16 18:10
自家製ドライフラワーリース
at 2017-09-11 22:48
「4年目の黒艶ランドセル」と..
at 2017-06-29 23:57
あじさいとらくがき
at 2017-06-21 16:32
風に吹かれて
at 2017-06-14 21:54

最新のコメント

>ことんさん こちらこ..
by onsix at 00:34
> Takumiさん ..
by onsix at 00:19
お久しぶりです 前回の..
by Takumi at 23:30
> ことんさん はじめ..
by onsix at 21:42
> しましまさん おひ..
by onsix at 22:19
おんしさん、お久しぶりで..
by しましま at 22:57
> ほたるさん こんば..
by onsix at 00:14
何度かコメントさせていた..
by ほたる at 13:15
> Lohas0609さ..
by onsix at 06:01
我が家も2年後にはランド..
by Lohas0609 at 16:40

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

画像一覧

記事ランキング

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
子育て