カテゴリ:子ども( 34 )

ランドセル選び

先週、息子のランドセルを注文しました。

友人に、「おんしの『モノ選び』はいつも興味深く、ランドセル選びも期待しているよ。」
と嬉しいことを言われたので、ランドセルを決めるまでの経緯をここに記しておきます。
(期待はずれだったらゴメンなさい。)

******************************

率直に言うと、『土屋鞄』の雰囲気とデザインが最も私好みである。
しかし、良いモノは高い。
a0263675_217758.jpg
↑ 総牛革アンティーク。文句無しにかっこいい。お値段68,000円☆ う~。。
あこがれのヌメ革は72,000円☆☆ ほぇ~。
最上級モデルの馬革はなんと80,000円☆☆☆ 贅沢すぎるでかんわw

a0263675_21213193.jpg同じく正統派ランドセル『中村鞄』や、
黒川鞄』にもそそられた。

こちらは、黒川鞄のブライドルレザー
お値段十万円☆☆☆☆
これを小学生が背負うなんて。。。
生意気すぎるでかんわww
******************************

次に、友人の御子息(現在小2)の持っているNIKEランドセルを見た息子が、目を輝かせて
「かっこいい!おれもナイキがいい!」と言うので調べてみた。
a0263675_2324893.jpg

←見せてもらったのはこの2012年モデル。
本体は黒で、シルバーの雨よけカバーが付いている。
このカバーはこの年限定のものだそうだ。
a0263675_238496.jpg
←こちらが2014年モデル。

カバーは付いていないが、ランドセル自体がかなりスポーティーで斬新なデザインになっている。

a0263675_2452847.jpg
他にも、スポーツブランドとランドセルメーカーがコラボしたものはいくつかあるのだが、所々ロゴマークやワンポイントが付いているだけで1万円UPという商品が多い中、NIKEは細部まで凝っていて、6年間飽きずに愛用できそうだ。
クラリーノ(合成皮革)で定価54,800円。ちょっと高いが、他のスポーツブランドランドセルと比べるとこのデザインでこの値段なら納得できる。
「よし、これにしよう!」
…と、思った時にはもう遅かった。
なんと、9月の時点で2014年モデルのNIKEランドセルは既に完売していた。
追加生産の予定も無いそうだ。→詳しくはこちら
オークションで60,000~70,000円の値が付けられていたが、ケチな私はそこまでして買ってやる気にはなれなかった。
息子は意外と聞き分けが良く、「ふーん。残念だね。」と、あっさりNIKEは諦めた。

******************************

今度は、小学5年生と3年生の姉妹を持つ友人にランドセルの選び方を尋ねると、
長女のランドセルは名古屋の老舗メーカーにてコードバン(馬革)で作ってもらい、
次女は量販店で大手メーカーのクラリーノ(人口皮革)を購入したところ、
使用して5年目になる長女のコードバンはピカピカで形も崩れていないが、
それより新しいはずの次女のクラリーノは革がボロボロになっているそうだ。
年数が経つ程、その差は一目瞭然だという。
友人は、「ちょっと高いけど、やっぱり馬革は最高だよ。」と言っていた。

「なるほど。そんなに馬革はスゴイのか。しかし高級すぎて手が出ないよ。。」
と思いきや、なんとコードバンが4万円台でオーダーメイドできるというのだ。
先輩ママの意見は重要である。(良い情報をありがとうm(__)m)
小さな鞄メーカーは、広告や展示会等にかかる経費を省き、材料の仕入れから組み立てまでを一貫して自社内で行い、職人の高い技術と優れた品質で低価格を実現させているそうだ。

ここで、私のランドセルに対する考え方が変わった。
「子供の鞄は、運動靴と一緒で合皮が一番。」と思っていたが、
初めて革靴を買ってもらったときの「本物を身に着ける喜び」を思い出した。
本革は履き続けるほど自分の足に馴染み、磨けば磨くほど光る。ずっと大切にしたくなる。
同じ金額を出すならば、名前(ブランド)より素材と品質で選ぼう!(家づくりの考え方と同じである。)

ところで、このような老舗の鞄メーカー。無さそうで意外とあるものだ。
名古屋まで行くのはちょっと遠いので、近場を探すとあった!
創業50年。「全国かばん技術創作コンクール」に連続入賞しているという小さな鞄工場。
a0263675_421517.jpg(店名が知りたい方は気軽に鍵コメ下さい。)
ショールームは、事務所を兼ねていると思われる10畳程の一室に、ランドセルの見本が20個程並べてあるのみ。
少々驚いたが、経費削減を徹底している姿勢に好感を持てた。
クラリーノは使用せず、本革のみで製造しているのも珍しい。

a0263675_113253.jpg最近の流行は、マットな革に赤や青色のステッチが主流らしい。
もちろん、糸の色を変えてオーダーすることもできたのだが…
a0263675_159124.jpg息子が選んだのは、艶ありコードバン(馬革)の黒ステッチ。
内装はアメ色の豚革。

まさに私が小学生の頃、男子が背負っていた懐かしい佇まいのランドセル。
a0263675_11173088.jpg
お店の人は、「今年は艶無しが圧倒的に人気で、艶ありを選ばれる方はほとんどいらっしゃいません。内装に豚革を選ばれる方も少ないですね。ある意味珍しいので、目立つと思いますよ。」と言っていた。
a0263675_11262874.jpg思わず息子に、「これでいいの?イマドキなやつにしなくていいの??」と聞いてしまった。
内装を豚革にしなければ、45,000円のところが、息子が「ブタ!ブタがいい!!」と言い切るので、5,000円グレードアップして税込50,000円での注文となった。
この追加はちと痛いが、6歳のくせに渋いセンス。「なかなかやるな。」と思った。
それでも最高級コードバンが5万円とは安い
HPに、「”クラウン”をカローラの値段で売る店です」と書いてあった。なるほど☆
※追記:上記は2013年当時の価格で、2015年現在は革の高騰+消費税増で税込58,320円に値上がりしています。
※追記:2016年現在、さらに値上がりして64,800円。3年間で2万円近く高くなってしまいました。m(__)m


結局、第一候補のNIKEランドセルとは全く違うタイプのランドセルを購入してしまったが、息子の切り変わりの速さにも驚いた。
…いや、本人はそれほどランドセルにこだわりなんてないのだろう。
しまいには「母ちゃん、もう何でもいいから早く帰ろ~。」と言っていたぐらいだ。

******************************

ちなみに女の子のママは、NIKEランドセルに対し、「ガンダムとかウルトラマンみたいだね。」と、微妙な反応を示していた。
逆に私は、イマドキ女子の「キラデコ☆スペシャル」なランドセルが苦手である。
近い将来、娘に「母ちゃん。あたし、このハートいっぱいのピンクのキラキラがいい♡」などと言われたらどうしよう…と想像してしまった。…どうでもいい心配である。
もはや私は、「少年心」より「乙女心」のほうがよくわからない。

できれば、娘にはこういうランドセルを背負ってもらいたい。
a0263675_22593253.jpga0263675_22595343.jpg


今年、最も驚いたランドセルはこれ。a0263675_11444258.jpg
メゾピアノ。
クラリーノでお値段なんと、約9万円!(*_*)
どんなお嬢さんが背負うんだろう?



******************************

以上。長々と書き綴ってしまいました。 ※画像はすべてお借りしました。

ランドセルを探すなら、このページが最も参考になると思います。
2014年ランドセルの人気比較ランキング

この長文を最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

******************************

追記:(2014.7/9)実際に使用して3ヶ月経ったランドセルの画像を貼っておきました。⇒こちら

追記:(2015.5/8)1年間使用したランドセルの様子⇒こちら

追記:(2015.7/3)ランドセル選びについてまとめた記事⇒こちら

追記:(2017.6/29)4年目のランドセルの状態

   ↓ ↓ ↓



[PR]
by onsix | 2013-10-11 22:07 | 子ども | Comments(65)

運動会と振替休日

先週末は息子の幼稚園最後の運動会でした。

a0263675_9524920.jpg結局、カメラもレンズも新調せず、ド標準レンズとビデオカメラで撮影しましたが、席のくじ運が悪くて遠すぎてよく見えませんでした。
←ビデオ撮影中。
(「いつかは望遠レンズ」…と言い続けて何年経ったことやら。。)


親子競技にてへっぴり腰の父ちゃん。 & シルバー競技にて大玉を転がす婆ちゃん。
a0263675_953359.jpg a0263675_9531452.jpg

心配していた鉄棒は、逆上がり未完成のまま本番に挑みましたが、走って鉄棒に飛びつき、先生の片手にフォローされながら、テンポ良く全員が鮮やかに回っていました。
出番は約5秒間であっという間に終わり、「あの心配は何だったんだろう?」というあっけなさでした。
マスゲーム(組体操)は、背が低い私は父兄の方々に埋もれながら必死でビデオ撮影していましたが、再生すると何が何だか分からない映像が映っていました。
リレーは順番を勘違いして、走り終えてバトンを渡して戻ってきた息子の姿にようやく気付き、慌ててシャッターを切りましたが、これまた意味不明な写真が1枚撮れただけでした。

唯一まともに撮れた一枚。  ↓ 大太鼓を叩く兄ちゃん。
a0263675_1001460.jpg
息子が年少の頃、逞しい年長さんたちの演技を見て感動し、涙が出たことがありました。
「自分の息子が年長になって成長した姿を見たら号泣するかも。」なんて思っていましたが、まったくそんなことはありませんでした。
私の手際が悪すぎた為、感動の涙というより悔し涙をのむという残念な結果に終わりました。
ごめんよ。兄ちゃん。。。
むしろ先生たちの和太鼓演奏に感動し、泣きそうになりました。
先生方には常に感謝の気持ちでいっぱいでございます。

*************************************

昨日、運動会の振り替え休日だったので、頑張った息子のごほうびに鈴鹿サーキットへ行って来ました。
a0263675_1174520.jpg平日の遊園地はとても空いていて、たくさん楽しめました。

現在、「振り替え休日特別割引」というのをやっていて、HPでクーポンをダウンロードして運動会のパンフレットを持っていくと、かなりお得な料金で遊べます。
(なんと3,000円もお得でした!!)
今月、来月に運動会を控えている方、おすすめです☆
a0263675_12471580.jpg


観覧車から見えるレーシングコース。
a0263675_12555066.jpg

レーシングシアターは、男心をくすぐるかっこいい内装になっていました。
壁に描かれたサインやベンチも凝ってます。
a0263675_13101393.jpg


トイレの扉まで☆
a0263675_13131248.jpg


そういえば、名古屋市のリニア鉄道館のトイレにも感動しました。
この鏡。新幹線の窓をイメージしていると思われます。(こういうの、好きなんです☆)
a0263675_1320086.jpg
こちらが鉄道館。a0263675_13405339.jpg



サーキットの展示ブースはバイクがいっぱい。a0263675_12563657.jpg

こちらはヘルメットがいっぱい。a0263675_12583212.jpg
ライダーによじ登る2人。a0263675_1332678.jpg



平日の鈴鹿サーキット、満喫しました。
空いてるって、最高。


そのうち娘に「ディズニーランド連れてって」とか言われるのかな。
混んでいてお金のかかる場所が苦手な私たち。。。


[PR]
by onsix | 2013-10-08 14:32 | 子ども | Comments(8)

娘と休日

今朝、夜勤から帰ってきたばかりの夫が、
息子の髪形(byおんしカット)が気の毒でたまらないらしく、
「来週の運動会までにちゃんとした美容院でカットせなあかん!」と言って、
珍しく2人でわざわざ名古屋まで出掛けて行った。

さて、残された母娘。平日なら娘と2人きりはいつものことであるが、
「今日はいつもと違う特別な過ごし方をしよう♪」
と、いろいろ思い浮かべてみたものの、結局近所のよく行くカフェにてお茶をすることにした。

家から車で約3~4分の所に、服屋、カフェ、花屋…と、極めて私好みなお店が3軒連なるアドレナリンスポットがあるのだ。
ここに来ると、いつも欲望を抑えるのに一苦労である。
a0263675_23331196.jpg


手前の服屋mekuriさん。 オリーブとアジサイたちがお出迎え。
a0263675_23524510.jpg


隣の花屋カトリエムさん。
a0263675_09416.jpga0263675_085328.jpg

カフェ「LUPOS」の看板にはたれたれ葉っぱがもりもり。
a0263675_23485746.jpg

ここの生菓子にはフルーツがふんだんに使われていて、甘さ控えめでとっても美味しい☆
焼き菓子も最高で、手土産によく利用している。

店内にて。 ↓娘にほとんど取られてしまった。。(食べかけ画像にて失礼。。。)
a0263675_0134427.jpga0263675_0135777.jpg

娘と2人きりでカフェでお茶をしたのは初めてであった。
ついでに寄った隣の花屋の店内にて、娘が商品を指さして「こぇ、かぁいぃね。(これ、可愛いね)」と、何回も言うので驚いた。
「2歳にして、すっかり女子だなぁ。。」と感心していると、飾ってあった石膏(ヴィーナス)像まで指さして、「こぇも、かぁいぃね。」と言っていた。
…そうか。「カワイイ」の意味はまだ解っていないようだね。

その後公園に行って、たこ焼きを買って食べた。
これでもかというぐらい紅しょうがが入っていたが、美味しかった。
娘もばくばく食べていた。
いつもとそう変わらない。たいしたことはしていないが、幸せだった。


赤ちゃんのイメージがすっかり抜けて、いつの間にか子供(幼児)になってしまった娘。
よく笑い、よく走り、じっとしていない。 同時期の頃の息子より明らかに活発でお転婆。
2歳児特有のイタズラとイヤイヤ&夜泣き攻撃に手を焼く毎日である。a0263675_026233.jpga0263675_0294592.jpg
左利きで、顔も性格もあまり私に似ていないこの娘。(髪形だけは似ている。)
将来、どんな女性になるのか全く予想が付かない。
しかしそれがなんだか楽しみなのだ。

「女の子のお母さんになれて幸せ。」と初めて実感した一日であった。


*************************************

おまけ♪
友達から頂いた手作りのリネンのチュニック。形も手触りもとてもお気に入り☆
a0263675_042495.jpg
かぼちゃパンツも友人のハンドメイド。ぽわんとしたこの形がたまらんよ♪
a0263675_0423268.jpg
来年も着るよ~!!(みーぼーママさん、アールグレイさん、ありがとう!!!)
[PR]
by onsix | 2013-09-30 00:13 | 子ども | Comments(4)

カブトムシと進化

今週から幼稚園最後の2学期が始まり、夏休みの工作としてセミのぬけがらリースを提出した息子は、担任の先生にドン引きされたらしい。(先生、ごめんなさい。)

夏休みの初めに、幼稚園バスの運転手さんにカブトムシを6匹いただいた。
昨年クワガタのオスとメスを飼って死なせてしまったので、もう生き物を飼うのはやめようと思っていたのだが、カブトムシを見つめる息子の目がものすごく輝いていて、「逃がそう」とも言えず、昨年クワガタを飼育していたケースで6匹を飼うことにした。

a0263675_23192550.jpg

←苦手な方、ごめんなさい。。

エサをあげたとたん、カブトムシたちは壮絶な戦いを繰り広げておった。
強い者が弱い者を倒し、エサを独り占めして満腹になると今度はメスを追い回し、やりたい放題。
「ガサガサ」「バタバタ」「ビーーーッ」と、あまりに騒々しくて、初日の夜中は寝られないぐらいであった。

この狭いケースの中は無秩序で、虫ってえげつないなと感じながらも、
「いや、待てよ。。もしこれが人間だったとしても、こんな狭い世界に閉じ込められたら、こいつらと同じようになってしまうかもしれない。」などと、またしても妙な妄想にふけってしまった。

そんな私に息子が、
「クワガタも捕まえてきて飼おうよ。カブトムシとケンカさせてどっちが強いか見たい。」と言い出し、「それは無理だよ。」と断ると、
それでもしつこく「クワガタもほしい~。戦うところ見たい~。」と駄々をこね出したので、

「もしも巨大な宇宙人に捕まっちゃって、知らない子と一緒に透明の檻に入れられて、無理矢理ケンカさせられたらどうする?しかも、めちゃくちゃ強い子とかいて、毎日いじめられてるところを宇宙人が見て笑ってたらどう思う?想像してごらん。虫たちにそんな酷いことをしちゃいかんよ。」と言って、息子を怖がらせてしまった。
好奇心旺盛な息子に、自分のネガティブな主観を押し付けるなんて、親としては良くないことなのかもしれないと、後で思った。
それからしばらく息子は寝る前になると、「ねえ母ちゃん、宇宙人ってほんとにいる?」と聞いてきた。よっぽど怖かったのだろうか。(ごめんよ息子。。。)

それから息子は、毎日エサと水やりを欠かさず大事に大事にしてきたはずなのに、約1ヶ月後の現在、カブトムシは半分(オス1匹とメス2匹)だけになってしまった。
やはり、生き物を飼うのは苦手である。


ついでに、息子の画力が急激に進化していることに気付いた。
年中の頃に描いたクワガタ(左)と見比べると、一目瞭然。↓
a0263675_0403356.jpga0263675_0465338.jpg

(個人的には昨年のクワガタのほうがアートっぽくて気に入っているのだか…。)

a0263675_0341741.jpg
子供って、1年間でこれだけ成長するもんなんだな。
親も進化していきたいものである。
[PR]
by onsix | 2013-08-31 08:16 | 子ども | Comments(11)

七夕とワークショップ

昨日、岐阜県現代陶器美術館にて開催された日比野克彦さんのワークショップに参加してきました。

山の中に建っている美術館。建物、ロケーションもほんと素敵で、大好きな場所です。a0263675_3404352.jpg
同じ幼稚園の友達親子に誘われ、小さい子供を連れての参加もOKと聞き、親子3人で申し込んだものの、当日、ハードなその内容を知って愕然としました。
二手に分かれて美術館周辺の里山を散策しながら面白いと感じたものを拾い、それと同じ形を粘土で作って山中に置いておく。これを10箇所で作り、10枚の地図を描くのです。
そして、中間地点の展望台にてチームを組んだ相方と地図を交換し、今度は相方の描いた10枚の地図を見ながら、相方の置いてきた作品を10個探して拾ってくる。
作品を沢山回収できたチームが勝ちというものでした。

説明を聞きながら、ベビーカーで爆睡中の娘を見て、「この子を連れて山道を歩くのは無理かww」と諦めかけていたら、なんとスタッフの若い女の子が、娘を預かってくれると言ってくださいました。
「大丈夫です!任せてください。いってらっしゃい!」と送り出され、ものすごく申し訳なく、後ろ髪を引かれる気持ちで出発しました。

里山はこんな感じです。(画像お借りしました。)a0263675_4261620.jpga0263675_432417.jpg

ここを歩きながら宝物を拾い、作品を作り、相方に場所を伝える為に地図と風景のスケッチを描きます。
私と一緒に歩いてくれたのは、なんと有名美術大学卒の強力な助っ人さんでした。
私が粘土を担当し、彼女が地図とスケッチを描いてくださいました。(さすが。めちゃくちゃ上手でした。写真に残しておくべきだった。。)

最後に、現物の宝と、拾ってきた粘土の作品を照らし合わせて答え合わせしました。
a0263675_4433370.jpga0263675_4434970.jpg
チームの相方である友達の家族は、お父さんが農業大学の先生であり、植物に超詳しいというこれまた頼もしいお方で…私たちのチームは優勝してしまいました☆

なんだか学生時代にタイムスリップした気分で、約3時間、自然散策と粘土遊びを満喫しました。
その間、娘はずっと泣かずにスタッフさんに遊んでもらっていて、息子は相方チームの友達と一緒に散策してくれたので、思いっきり身軽にアートを楽しむことができました。(ホントすいません。。ありがとう。)
来月、この作品たちを野焼きするイベントにも参加できたらいいな。

岐阜県出身の日比野克彦さんは、今回は多治見にて土()のイベントを行い、今後、美濃市にて和紙、高山で木工のワークショップを行う予定とのことで、お話を聞きながら、「岐阜県って、実は素晴らしいじゃないか☆」と思えてきました。

日比野さんのお話を聞きながら粘土に没頭する子供たち。
a0263675_58178.jpga0263675_582040.jpg
とても有名な方なのに、偉そうな雰囲気が全くなくて気さくでかっこよくて、ファンになりました。(ミーハーですw)

しばらくアートから遠ざかっていた毎日でしたが、貴重な経験になりました。
調べてみると、子供と一緒に楽しめるワークショップが意外と近場に沢山あって、お金もそんなにかからないし、これは発見です☆
もう、「週末何して過ごそう?」とか言ってる場合じゃないぞ♪
誘ってくれた友人に深く感謝です。

*************************************

さて、今日は七夕。
息子の誕生日でもあります。
彼は、6年前の2007年の7月7日に生まれたスリーセブン男です。

今年も坪庭の笹に飾りつけして、短冊を吊るしました。
a0263675_249571.jpga0263675_250698.jpg
文字を書きたくてたまらない年頃の息子は、家族全員の願い事を自分なりに考えて代筆してくれました。

自分 「サッカーせんしゅになる。」

「たこやきやさんになれますように。」
  (父ちゃんが昔、たこ焼屋でアルバイトしていたということが印象深かったようです。)

「やせますようにーーーーー!!」(わざわざ長い「ーーー」と、「!!」を付けて強調してありました。)

「いもうとがやさしくなりますように。」「いもうとがちくぅとしませんように。」
(このごろ狂暴化していて、息子の腕をチクッとつねるので。)


坪庭は玄関の奥。風呂の前にあります。
a0263675_249092.jpga0263675_249216.jpg

この小さな竹林に、タケノコがにょきにょき生えてきて驚きました。
フレッシュな若い竹。1本だけこんなにぐんぐん伸びてるwww↓ 一体どこまでいくのだ...a0263675_3253237.jpga0263675_3253893.jpg


ちなみに、夜、風呂から眺めると、「ロマンチック」というより「きもだめし」な雰囲気に。。。
a0263675_320075.jpg
今年こそは、天の川見れるかな☆
[PR]
by onsix | 2013-07-07 14:10 | 子ども | Comments(8)

誕生日プレゼント

先週、娘の誕生日を祝いました。

満2歳になりました☆  一人前にろうそくも自分で消せていました。
a0263675_1363171.jpga0263675_1364545.jpg

誕生日プレゼントは、『木のお家』です。 これがなかなかよくできたおもちゃでして…
a0263675_13101721.jpga0263675_13104367.jpg

オール天然木でできたお家に、小さな家具と人形が2体付いてきました。
a0263675_13195558.jpg
←小さなタンスの引き出しが(真ん中の一つだけですが)開け閉めできるのに感動しました。(すごい!細かいっ☆)

人形の手足は自由に動くので、いろんなポーズができます。
おまけに下の引き出しにしまえるようになっています。a0263675_1326489.jpg

屋根の形や階段とか、なんとなくわが家に似ているのも愛せるポイントです。
a0263675_1315891.jpga0263675_13144543.jpg
こんだけ付いてて、9千円を切っていました。
ドールハウスというと、高価で手が出せないイメージでしたが、これはリーズナブルです。
しかも、2割引きの6千円ちょいで購入できました。
a0263675_15472275.jpg

多治見のおもちゃのにわさんで見つけました。
民家を改造…というよりそのまんま民家におもちゃがどっさり置いてあるおもしろいお店です。
a0263675_13504514.jpg
靴を脱いで奥へ上がると、誰かのお家に遊びに来た気分になります。
オーナーさんは、とっても優しいおばあちゃんで、
「上がって遊んでって。」「またいつでも遊びに来てね。」と言ってくれます。a0263675_141567.jpga0263675_1405327.jpg
↑ここに置いてあった木のお家をGETしました。
もうじき6歳になる息子も、木のおもちゃに夢中でした。

*********************************

誕生日が近い兄妹なので、兄の6歳のプレゼントも同じ日に買ってあげました。

a0263675_1448728.jpg
こちらは大型玩具店にて購入。
なんと、水鉄砲です。

家族や友達同士で撃ち合いできるよう2台買いました。

a0263675_1455327.jpgまだテレビゲーム等を与えたくなくて、なるべく外で遊んでほしいのと、水の無駄使い(ホースで水遊び)させないようにとのもくろみから、息子にこのCMを見せ、
「これいいんじゃない??おもしろそうじゃん♪」
とすすめたら、飛びついてきました。
水遊びが大好きな息子は大喜びで、まだ誕生日の2週間前から出して遊んでいました。

早速、父ちゃんと楽しそうに撃ち合っていましたが、あまりにも息子がびしょびしょになっていたので、外に出て覗いてみると…
なんと!父ちゃんがホースを出してきて反則撃ちしていました。
夫は「だって、使いにくいもん。」と言い訳していました。アラフォーのくせに大人げないwww


*********************************

いつの間にか6歳と2歳。時が経つのは早いです。
a0263675_15162220.jpg

息子が描いた「おれと妹」。
a0263675_15191454.jpg
かわいいよ、あんたたち。

[PR]
by onsix | 2013-07-01 15:36 | 子ども | Comments(10)

おひなさま

リビングにおひなさまを飾りました。
屏風は。ぼんぼりは筒1本というかなりモダンなものを選んでしまいましたが、
豪華な段飾りと比べると、飾り付け・片付けが楽です。
a0263675_1349432.jpg


昨年は床の間に飾っていました。
初節句の頃の娘はこんなにころころしていました。
a0263675_1350722.jpg

1年経って、1歳8ヶ月の現在。ずいぶん大きくなりました。
a0263675_13583552.jpga0263675_13575486.jpg

兄ちゃんと並ぶとまだ小さいです。
a0263675_141947.jpg


そんな娘に壊されると困るので、おひな様はテレビの横に移しました。
それにしても、テレビがでかすぎて(54インチ(-"-))雰囲気が台無しです。
テレビがあまり好きではない私にとっては、この3分の2程度の大きさでよかった。
a0263675_14625.jpg
当然、ここに置いても手は届きます。
a0263675_13552678.jpg


↓「コラー」と言われた瞬間の顔
a0263675_1493962.jpg


この頃、ぶりっこ風な表情やポーズをするようになりました。
小さくても女やのぅ。。。
a0263675_14301786.jpg

[PR]
by onsix | 2013-02-26 14:38 | 子ども | Comments(16)

えげつない工作

冬休みが終わり、あの師走のバタバタは何だったんだろう?というぐらい暇になってしまった。
そして、また連休。夫は仕事。さて何しよう。。。

息子が、「びっくりばこを作って父ちゃんを驚かせたい。」と言うので、
「名案だ♪」ということで、3人で100円ショップへ行き、材料を調達。

そして、かなりお粗末であるが、完成。
a0263675_0245199.jpg
開けると、
a0263675_027266.jpg


↓ 左が息子作。 右がそれを真似て描いたおんし作。(足が折れてしまった)↓
a0263675_0315520.jpga0263675_032937.jpg


a0263675_0393550.jpg
針金を鉛筆にぐるぐる巻き付けてバネを作ったが、あまりビョーンとしてくれなかった。

厚紙が売っていなかったので、代わりにこんなものを買ってみた。
薄いプラスチック板に油性ペンで絵を描きオーブントースターで焼くと、板がギュッと縮んで厚くなるというもの。



私はかなりふざけて描いたのに、息子が、
母ちゃんすっげぇ!おれのブタよりめっちゃかっこいい!どうしてそんなに上手なの?
と、褒めちぎってくれた。
彼は変わった感性の持ち主なのか?それともお世辞を言っているのか?
ちょっと試したくなった。

キーホルダーにしたいからもう一個描いてくれと言うので、こんな絵を描いてやった。
a0263675_0503461.jpg
さすがに、こんなイノシシかブタなのかよくわからない気持ち悪いキーホルダーは嫌がるだろう。

↓完成。(写真では伝わりにくいが、これは焼くと本当に4分の1の大きさに縮むので面白い。)
a0263675_0514839.jpg
またしてもこんな不気味なキャラですら「いいね♪」と喜んでくれた。

早速、通園カバンに付けてやると、
a0263675_118384.jpg

息子は、しばらく黙っていたが、
「やっぱ、みんなにバカにされそうだから外してくれない?」
と気まずそうに言ってきた。

母としては、ホッとしたような…ちょっぴり残念のような…
我が子の成長を感じたのであった。


これ以降、息子の絵にはじょりじょりの青ヒゲが描かれるようになった。
a0263675_1421278.jpg

妙な影響を与えてしまったようだ。
[PR]
by onsix | 2013-01-13 23:44 | 子ども | Comments(12)

誕生日

また誕生日が来ました。
毎年、「1歳齢をとると急に寒くなる。」と覚悟しながら誕生日を迎えています。

a0263675_2493315.jpg
私のバースデーなのに、トミカ(パトカー)のろうそくを買わされました。

a0263675_3455924.jpg
またひとつ40代に近づきました。
30歳を超えたあたりから、齢をとることがさほど怖くなくなりました。
子どもたちのおかげかもしれません。
今年はなんと、夫がケーキを買ってきてくれました。
(結婚以来初めてかもしれない)予期せぬ出来事でした。
自分でもケーキを買っていて、食べ過ぎてお腹を壊しました。


今日は子どもたちを追いかけて撮影してみました。
この特集に感化され、もっとわが子を撮ってあげなくちゃと思いました。

すだれで遊ぶ
a0263675_321556.jpg
a0263675_33756.jpg
a0263675_343985.jpg


カマキリ発見。
a0263675_3191044.jpga0263675_3145666.jpg



庭のアオダモが紅葉しました。
a0263675_328171.jpg
多肉植物も紅葉していました。
a0263675_3342045.jpg
a0263675_3333138.jpg


庭から蚊がいなくなり、この頃ガーデニング熱が沸いてきましたよ。
[PR]
by onsix | 2012-10-26 23:46 | 子ども | Comments(15)

歩いた

気が付けば10月も半ばにさしかかりました。
夫に、「おい、おんし。ブログ更新しないのかよ?後編はいつ書くんだよ?」と言われました。
くだらないブログですが、最近読んでくださる方が増えており、意外なアクセス数に驚きました。
ありがとうございます。さぼってごめんなさい。またさぼるかもしれません。

9月はショッキングな事が多かったうえに体調を崩していたので、「忌々しい侵入者」の続編を書く気力が消失しておりました。
しかも後編は、たいして面白くないどころかグロくて汚いねたなので、ドン引きされてしまうリスク大なのです。
しかし放棄するのは卑怯者なので、次回必ず後編アップします。(また引っぱったね…)
モチベーションを上げる為に、今回はちょい前向きなねたを挟ませていただきます。

娘が1歳3ヵ月にしてやっと歩きました。
つたい歩きを初めて約3ヵ月。「もうすぐ歩きそう。歩きそう。」と言われつつ、はかなか手を離すことが出来ずにいましたが、ようやく1歩2,3,4,…10歩ぐらい歩きました。

彼女は歩くのは遅いですが、度胸はあるようです。
同時期の息子よりもアクティブに動き、高い所や野外を好みます。a0263675_13533251.jpga0263675_1353318.jpg
みーぼーママさん作ワンピ。着られるようになったよ!
a0263675_13573814.jpg


一番のお気に入りは砂場です。
a0263675_1444918.jpg
彼女は痛そうな砂利の上でもハイハイします。
a0263675_1453095.jpg
砂場、作ってもらって良かったです。



次回、いよいよ忌々しい輩(やから)に対するおんし節を炸裂しようと思います。
乞うご期待。
[PR]
by onsix | 2012-10-10 14:20 | 子ども | Comments(12)


木と土の巣にて


by onsix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

あいさつ

暮らし
庭・花・植物
インテリア・雑貨・器
子ども
おでかけ
友だち
コーヒー
子どもイス
ひとりごと
Conobie

検索

最新の記事

誕生日と掲載記念
at 2017-10-27 23:56
優れた100均グッズとドライ..
at 2017-10-14 23:48
夏の作品たち
at 2017-09-16 18:10
自家製ドライフラワーリース
at 2017-09-11 22:48
「4年目の黒艶ランドセル」と..
at 2017-06-29 23:57

最新のコメント

> Lohas0609..
by onsix at 20:35
おんしさん、お誕生日おめ..
by Lohas0609 at 19:17
> Takumiさん ..
by onsix at 20:06
完全に出遅れました(;^..
by Takumi at 23:12
> YOUさん ありが..
by onsix at 22:45
遅れすぎたぁ!!! ..
by YOU at 09:05
> Takumiさん ..
by onsix at 21:06
やっぱり素敵な作品作りま..
by Takumi at 00:19
> YOUさん 私も器..
by onsix at 17:11
ほんと素敵~☆ おんし..
by YOU at 09:12

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

画像一覧

記事ランキング

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
子育て