<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

珈琲を愉しむ ~服屋で出会ったテカテカの豆~

私は最近までブラックコーヒーが苦手であった。
妙な酸っぱさと、いつまでも口に残るような苦みがダメだった。
しかし、本当に美味しいコーヒーは、雑味やエグみが無くしっかり豆の味がする
ミルクや砂糖を入れなくても…いや、入れようなんて思えないぐらい美味しいコーヒー。
そんなコーヒーが淹れられるようになりたい。


a0263675_14313166.jpg前記事のコーヒーミルを購入した服屋さんで、同時に見つけたこの本。

おいしいコーヒーをいれるために

中川 ちえ / メディアファクトリー


美味しいコーヒーを飲むために大切なことは、
新鮮な豆を、そのつど挽いて、そのとき飲む分だけを淹れる。」
単純なようで、知らなかった「目からうろこ」なコツが、わかりやすく丁寧に書かれている。
それにしても、表紙の豆の膨らみ具合はすごい。(どうやったらこんなにムクムクモリモリできるんだろう)
先週、その服屋さんを覗くと、オーナーさんが私を見るなり、
「今朝、新しいお豆が入ってきたばかりなんです!」と話しかけてくれて嬉しかった。
すっかり「赤子を背負ったコーヒー好きな客」として覚えられているようだ。

ほんとうによいものが揃えてあるお店 「mekuri(めくり)」 (チルチンびとWeb版に掲載)
ちなみにここのお店で購入したF-styleのかごや、オーロラシューズも、とても使い心地が良く、愛用している。


さて、これがそのとびきりのお豆。
世界的に評価の高いケニアの最高級で、超深煎り豆とは聞いていたが…a0263675_16574672.jpg
開けてビックリ!ここまで黒くてこんなにテカテカしてる豆、初めて見た。

並べてみると、一目瞭然。この違い。a0263675_170795.jpg
左は、友人にお土産でいただいたバリの豆。(こちらもすっきりしていて美味しかった。)
右がケニアの深煎り。挽くと柔らかくて、これまたビックリ☆

お店の人曰く、「エスプレッソのように細引きにして、思いっきり濃い味を楽しんでください。」
と、そのとおりに入れてみると、抽出液はかなり濃厚でトロッと粘り気があった。

「ここまで濃い液なら、アイスコーヒーやカフェオレにしたら間違いなくウマいぞ♪」

ということで、つくってみた。
a0263675_8333378.jpg
氷をたくさん入れたグラスにドリッパーをのせて、ゆっくり。ポタ…ポタ…

よし。a0263675_8373866.jpg

牛乳を入れて、 かき混ぜよう。
a0263675_8382182.jpga0263675_8423067.jpg

アイスカフェオレのできあがり。
a0263675_8451675.jpg
うまっ!!ちゃんと豆の味がする!
これはヤヴァイ☆またこの豆買いに行かなくちゃ!
[PR]
by onsix | 2012-05-28 09:22 | コーヒー | Comments(12)

珈琲を愉しむ ~器具選び~

…なんちゃって。
まるで玄人を気取ったようなタイトルを付けてしまったが、実は全然詳しくない。

a0263675_11553733.jpg
もともとコーヒーは、粉を買ってきてコーヒーメーカーで作っていたが、昨年、ガラスサーバーを不注意で割ってしまった。
サーバーを割ったのはこれで2回目。
前回、メーカーからサーバーのみ取り寄せたとき、本体一式と同額近い金額を払った記憶があったので、割れないステンレス製サーバーのマシンに買い替えようと思った。
しかし、探してもピンとくるものには出会えなかった。

ちょうどその頃、工務店から豆をいただき、ミルを購入したことから、
挽きたてのコーヒー豆の香りと美味しさに目覚めてしまった。
そして、自分で豆を挽いてドリップする手動方式で、
美味しく淹れられるよう追求してみようと思った。


まずは、ドリッパーとサーバー。

a0263675_1244429.jpga0263675_1251132.jpg憧れるはCHEMEX。
デザインは最高だが、「扱いにくい」
との噂をちらほら耳にする。
(扱いにくいところこそカッコイイんだろうな☆)
最近、使いやすくシンプルに改良された
オールガラスのハンドル付タイプ
新発売されたらしい。(てるみー、これ(右)ですぜ。)

欲しい気持ちは山々だが、「CHEMEXを持つのはもう少し先だ。」と思った。
もしくは誰か(夫)がプレゼントしてくれるのを待つことにしよう。


続いて、円錐形ドリッパーでお馴染みのKONOは、
ハンドルになんと桜の木を使用したサーバーが存在する。
a0263675_1742376.jpg


これはツボ☆
実物を見た瞬間、本気で欲しくなったのだが…

KONOコーヒードリッパー
ウッドハンドル・桜
(2~4杯用)

このような素敵な器具でコーヒーを淹れたいと思う反面、貧乏性の私は、
万一また割ってしまったとき、金額が大きいぶんその悔しさは計り知れないと悟った。

とりあえず、手頃で扱い易くて美味しいコーヒーが飲めりゃ良い。
初心者の私が選んだのは、最もポピュラーな台形3ツ穴式ドリッパーのカリタ
近所のスーパーで298円で売られていたプラスチック製ドリッパーと、
同じく980円のガラスサーバーを購入した。(これなら割れても大泣きせずに済む)a0263675_1831785.jpga0263675_184096.jpg
昭和レトロな風貌と、この赤いネジ(?)が、わが家のキッチンに馴染んでいる気がする。
このプラスチックドリッパーが使い込まれてコハク色に変化していくのもいいじゃないか。

a0263675_2133033.jpg
ミルは、〇トリで購入した電動ミルを使用していた。
遠心力でガーッと挽くので、どうしても挽きムラが出てしまう。
いつか、「これだ」と思える手動ミルに出逢えたら…と思っていた。

そして、重いやかんでドリップするのも非常にやりにくかった。

しばらくはこれらを我慢しながら淹れていた。


a0263675_311411.jpg
ある日、「これだ」というミルに出会ってしまった。
なんと、服屋さんに売られていた。
【ポーレックス】セラミックコーヒーミル
ステンレス製で、手軽に持ち運びできる。
丸洗いが出来て、錆びないセラミック製の臼歯。
なんと言っても、お値段もお手頃なのが良い。

そして、ずっと目を付けていた業務用ドリップポットもエイッっと購入。
a0263675_3233382.jpg
思い立ってから約半年かけて一通りの器具が揃った。

さて、淹れてみよう。
a0263675_3153939.jpga0263675_3182795.jpg
飲む分量だけ豆を挽く。
(挽いた粉を保存しておくと風味が落ちるので、粉の作り置きはしない。)

水は汲みたての水道水(浄水)を。a0263675_3381578.jpga0263675_3383852.jpg
やかんで沸騰させたお湯を、ポットに移し替えるのがコツ。
この作業によって、お湯の温度がちょうど良くなるのだ。(熱すぎちゃダメなんだって。)

カメラ片手にドリップするのは難しい。。。
a0263675_340844.jpga0263675_3402764.jpg

新鮮な豆だとムクムク膨らんでくるそうだ。
a0263675_1416233.jpg

ほれっ。この細~く出てくるお湯。
これだよ。これ。
最高に注ぎやすいのだ。
【タカヒロ】コーヒードリップポット0.9L

ポットを選ぶ際、かわいいホーロー製などにも目が行ったが、ここは見た目より使いやすさを重視。

タカヒロさんはちょっと値が張るけど、
ここのサイトで安く購入できた。

これで終わり。
a0263675_3405667.jpg



お湯が全部落ちてしまうと雑味が出てしまうので、落ち切る前に捨ててしまおう。

←この画像ははちょっと落としすぎてしまった。

a0263675_14201613.jpg




温めておいたカップに移して…


いただきます。
a0263675_3412040.jpg
…ん?

ぁ、、苦い。
同じ豆を使用しても、濃さや味は毎日バラバラ…
夫は、「今日はイマイチ。」とか「今日はうまい。」とか正直な感想を言ってくれる。
毎回均等に淹れられるようになるのは一体いつだろう。

もっと勉強しなきゃ。
珈琲通の方、よろしければアドバイスください。。。m(__)m


次回は、「豆」について。
[PR]
by onsix | 2012-05-23 22:25 | コーヒー | Comments(10)

やっぱりちょっぴり危険なのだ

a0263675_1335629.jpg
娘の動きが急に活発になってきた。

家中をハイハイしながら、落ちているものを
何でも口に入れようとするので目が離せない。

危険なお年頃である。

そろそろ本格的に活躍しそうな特製ベビーゲートは、
単独ではやや不安定だったので、座卓と階段の間に挟んで固定した。
a0263675_17463681.jpga0263675_1744161.jpg
これなら倒される心配もない。我ながらナイスアイデア☆

階段上にも、友人から譲り受けた突っ張り式ベビーゲートを設置。
a0263675_1815763.jpga0263675_1821780.jpg
これで穴を開けなくとも、階段の安全対策はバッチリである。(kanaさんありがとう♡)

階段下は、子供たちが遊びやすいよう、思いっきりちびっこ仕様にしてしまった。a0263675_18114043.jpg
せめてこの安物ホットカーペットカバーをギャッべに替えたら、
リビングの雰囲気がぐっと良くなるだろうに。
ああ、ギャッべ。ギャッべが欲しい…

a0263675_22411144.jpg
そして、以前紹介させていただいた子どもイス
プレディクトチェア
やはり、まだこの娘にはまだ早かったようだ。
フロントガードが付いていないので、
見張っていないと落っこちそうで、おっかない。
…というわけで結局、バンボと併用させることにした。
…ぶつかり合う反対色のコントラスト((+_+))
a0263675_2246478.jpg
しかし、これでもまだ安心はできない。
足グセのよろしくない彼女は、
テーブルを蹴る蹴る…
そのせいで、椅子が動いて危険!

←力強い蒙古班(もうこはん)キック!

(きみ、そのうち落ちるぞ。)
経験から言うと、乳幼児期の食事にはやはり座卓(ローテーブル)が適していると思う。
豆イス等に座らせれば床に足が着いて安定するし、
低いテーブルなら食器を落として割られるリスクも少ない。
(今さらですが、座卓生活、なかなかおススメですよ。)

**********************************

a0263675_1522292.jpg

いつの間にか赤ちゃんから子供になろうとしている娘。
来月には1歳の誕生日を迎える。
…ということは、この家ももうじき1歳。

早いなぁ。
a0263675_15221994.jpgそんなに急いで成長しなくていいから、
この家も、急いで古びなくていいから、
ゆっくり、ゆっくり、
まだまだ赤ちゃんでいておくれ。
まだまだ新築でいておくれ。

気分はポエマー by おんし。


[PR]
by onsix | 2012-05-17 09:18 | 子どもイス | Comments(12)

緑のムダ毛根絶作戦 終結。

さかのぼること4週間程前、実家から銀色のタンクを背負った父が、
「ついでにここもやっつけにきたぞ。」
おんしガーデンにやって来た。
そして無言でスギナ地帯に除草剤をぷしゅぷしゅ撒いていった。a0263675_0284728.jpg

私は、
「ちょww待った!
 そこにはワイヤープランツとセダムも…。」
と叫んでみたが遅かった。父は、
「はん?。スギナに勝てんようなやつを植えるな。
 4週間もしたら枯れてくるからそれまで触るなよ。」
と言って、10分も経たないうちにせわしなく次の場所へと去って行った。

それから1~2週間は、毒を盛られたことなどまるでなかったかのように
スギナは青々としていたのだが、3週間程経った頃、急に枯れ始めた。

↓痛めつけられたスギナたちがグロい画像に思えてくる。
a0263675_0375063.jpga0263675_0383959.jpg
除草剤なんて…チルチンの精神と反するよなぁ。。
しかし、強すぎるスギナを絶やすにはこれしかないらしい。許しておくれ。
日曜日、息絶え絶えの瀕死状態のスギナたちを私はひたすら1人でむしって葬った。

a0263675_053308.jpga0263675_053660.jpg
↓ ↓ ↓ 見事に引っこ抜いてやったさ。
a0263675_056992.jpg
さようなら。
もうここには生えてくるなよ。
(wwwきっとまた生えてくるんだろうなwww)

a0263675_0542585.jpg


↓ちなみにスギナに勝てんようなやつ(セダム)は、まだ生きてる。a0263675_181532.jpg
生きておくれ。

そして、子供たちが砂場で遊びやすいよう、フェイジョアの枝も散髪(剪定)。
a0263675_1131051.jpg
スッキリしたね☆

さあ、遊びなはれ。
a0263675_118115.jpg
(上から見ると、どっちがウチの息子なのか分からない。)a0263675_1271132.jpg


砂場と言えば以前、スプースがボヤいていた悩みについて…
あれからパタッと猫は来なくなり、シートも不要になった。
「猫としての品格もプライドも無い輩(やから)め」などと言い放って悪かった。
ゴメンよ、ネコちゃん。
[PR]
by onsix | 2012-05-15 08:52 | 庭・花・植物 | Comments(4)

草木がもえる季節

秋に植えてもらった草木たちに葉が付いてきた。

今年は1年目なので、
「この木の葉っぱはこんな形だったのか」とか、
「こんな花が咲いたよ」、「こんな実が生ったぞ」とか、
すべてが発見!発見!で楽しい。

アオダモ(かあちゃん、これですぜ~)
a0263675_2013051.jpga0263675_20133674.jpg


ヒメウツギ
a0263675_20193397.jpg

→ 小瓶に挿した
a0263675_20254933.jpg


コデマリ
a0263675_20331274.jpg
→ 大瓶に挿した
a0263675_20372417.jpg


ジューンベリー いつの間にか実が付いてる!a0263675_20163247.jpg



フェイジョアん?a0263675_20445587.jpg
げ…根元にスギナがはびこっている。。。



ワイヤープランツ…も喰ってしまう勢いでスギナがwwww
a0263675_20484639.jpg


スギナwwwスギナwwwスギナwwwスギナwww
a0263675_20503159.jpga0263675_2051556.jpg

草取りを怠ったおんしガーデンはスギナの猛威に脅かされている。

この緑のもじゃもじゃ。
抜いても抜いても生えてくるしつこさ。ムダ毛の如く疎ましい。


次回、緑のムダ毛根絶大作戦に乞うご期待。
[PR]
by onsix | 2012-05-11 21:06 | 庭・花・植物 | Comments(12)

花屋の恩人

連休の最終日は、母の日に贈る花を求めて、夫の友人夫婦が営む花屋さんへ。

羽島にあるFlower Tank
a0263675_12261768.jpg

このお店の雰囲気は、単に「お洒落」とか「可愛い」とかそんな言葉では表現しきれない。
こういうテイストを何と呼んだらいいのだろう?エキゾチック…ブロカント…?
うまく説明できないが、オーナーH君の独創的な世界が広がっている。

店内に入るとまず、独特な色彩の花や珍しい植物たちに心を奪われる。
a0263675_12405824.jpga0263675_12435463.jpg
訪れる度に変化しているディスプレイの面白さと、ずば抜けたセンスに圧巻。

壁や床、タイル、棚等、内装はすべてH君によるDIYというのがスゴイ。
a0263675_131533.jpga0263675_1312158.jpg
おんぼろデジカメにしては、我ながら上手く撮れたわぃ☆

H君夫妻には昔からとてもお世話になっていて、
夫が若かりし頃、大失恋をして落ち込んだとき、
部屋を変えれば気分も変わる。おれにまかせろ。」と、
H君に独り暮らしのワンルームを大改造してもらったことがあるそうだ。
私が初めて夫の部屋を訪れたとき、
「この人、なんてお洒落な部屋に住んでるんだろう?!」と思った記憶がある。
あの部屋はまさにproduced by Tankだったというわけだ(^_^;)

見渡せば、わがやのインテリア小物類はTankからやって来たものが実に多い。
a0263675_14461266.jpg
今回は、イラン製の涼しげな瓶と不思議な実をGET。
a0263675_14463086.jpg

冬っぽかったキッチン、ちょっとは夏らしくチェンジできたかな??
a0263675_14483295.jpg
グレートハイセンスなお店の写真の後にわが家をお見せするのは、非常に恥ずかしいなも。。。



いろんな意味で常に新しい刺激をくれるH君ご夫妻、いつもありがとう。
そして母の日の素敵なアレンジメント、楽しみにしています。

そんなH君の世界観→ Tank Blog
美しすぎる写真たちにご注目☆
[PR]
by onsix | 2012-05-07 22:13 | 友だち | Comments(6)

端午の節句

今日はこどもの日。

a0263675_11174021.jpg

息子の五月人形を購入した人形屋さんにて、
今年度5歳児対象に本物の鎧兜を装着しての撮影会に参加させてもらった。

飯田人形さんのお人形はどれもお上品で派手派手しさが無く、
背景の飾りは金屏風の代わりに古建具を使用という粋な演出にぐっと来た。
a0263675_1124545.jpg
息子にはもったいないぐらいのりっぱな鎧。(申し訳ないぐらい感謝しております。)


初節句の頃(0歳)のとぼけた息子
a0263675_1129031.jpg

4年経ってずいぶん成長したね。逞しく育っておくれ。a0263675_11181583.jpga0263675_11184240.jpg

[PR]
by onsix | 2012-05-05 11:56 | 子ども | Comments(8)

また行ってしもた

昨日、妹に誘われ、土岐美濃焼まつりに行って来た。
先日コトコト市に行ったばかりなので、さほどノリノリではなかったのだが…

着くなりアドレナリン放出!ウッハ~!!
ここぞとばかりに陶器を物色しまくる私に息子は「つまらん」「帰りたい」を連発。
とりあえず、トーマスの飴を買って釣ってなだめた。
(飴を吟味する息子↓)a0263675_1122688.jpg

これが飴↓300円の高級菓子(;_:)
(息子に舐められて溶けかかっている)a0263675_1135346.jpg



そして、この陶器まつりでGETしたものは…

マットな質感の黒い器。
a0263675_11293249.jpg
結構大きくて凝った造りなのに、なんと500円
いちごをのっけてみたよ。a0263675_11303220.jpg


同じくマットな銀色に一目惚れしたオブジェ。
作家さん曰く、「人々のかかわり」を表現しているらしい。
a0263675_11435023.jpg
しかもこの作品のお値段はなんと千円!!a0263675_11431020.jpg
妹に、「相変わらず不思議なものが好きなんだね。」と言われた。

見付けた瞬間、「テレビの上のサボテンの横に飾ろう」とピンときたのだ。a0263675_13171674.jpg
ニョロニョロみたいだね。 a0263675_1153212.jpg


陶器まつり、何回行っても飽きないよ。んふ~
[PR]
by onsix | 2012-05-04 12:09 | おでかけ | Comments(6)

花飾ろ♪

冬の間、2週間に1回程の間隔で家に飾る花を買っていたのだが、
(…と言っても、花屋さんで買うことは極めて稀で、
大抵はスーパーの生花コーナーで2、3百円で購入している。)

なぜか最近売られているのは菊やカーネーションばかり。。。

なんて思っていたら、わざわざ花を買わなくとも、いつの間にか庭に咲いてるじゃないか?!
a0263675_11322290.jpga0263675_11324921.jpg
やまぶき色の「ヤマブキ」。 そして、「ライラックってどんな花?」って、↑こんな花だった。

ちなみに、庭師さんに「ライラックを植えてくれ」と頼んだとき、
「ひょっとしてブランキーですか?僕、CD全部持ってますよ。」と言われた。→ライラックの歌詞
その通りだけど、全然「赤くて5センチぐらいの冬に咲く花」じゃなかったね。

そのライラックに「ごめんよ」と言いながら、チョキンと切って、トイレに挿してみた。
a0263675_1151784.jpga0263675_11514272.jpg
しばらくは芳香剤に負けないぐらい香りを放ってくれた。


貧相な「おんしガーデン」にも小花がちらほら…
a0263675_115719100.jpga0263675_115849.jpg

これらを適当に摘んで、2階のトイレも飾ってみた。
a0263675_1214478.jpg←尻のような顔したこの犬。
「ちゃんとしりふいたか?」と
語りかけてくるような表情が良い。



食器棚の上の花器にたれたれっと…
a0263675_122493.jpg
オオイヌノフグリを巨大化させたようなこの子はすぐ枯れてしまった。

この花器にコトコト市でGETしたドライフラワーを挿してみた。
a0263675_128536.jpg
アジサイを加えてアンティークぽく♪
a0263675_348411.jpg


さて飾ってみると、
a0263675_1222504.jpg
ありゃ…なんかいまいち。しかも超冬っぽいではないか?!




やっぱ、下から見上げるなら、たれたれしてたほうがかわいいのかな。
a0263675_1251382.jpg
…にしても冬っぽい。


おうちを飾るのって難しいね。。。

たれたれとは、私の中でのアイドルYOU♪かあちゃん♪さんの名言です。
[PR]
by onsix | 2012-05-02 13:25 | 庭・花・植物 | Comments(8)

法多山 コトコト市

月末に夫の実家に帰省した際、法多山尊永寺で開催されていた
コトコト市へ連れて行ってもらった。

コトコト市とは、静岡県袋井市・掛川市を中心としたカフェ、雑貨屋、
ハンドメイドショップ等が、由緒あるお寺に集結するクリエイティブなイベントだそうだ。

新緑がきれいな法多山。
a0263675_10503634.jpg
a0263675_10492550.jpg


本堂(紫雲閣)の中にはどストライクなショップたちがひしめきあっていた!
a0263675_115617.jpg
a0263675_115717.jpg
a0263675_1274664.jpg
(※上の画像はこちらのサイトからお借りしました。→カケスタ★kakesuta )

a0263675_1224890.jpg
伝統的建造物とかわいいモノたちのコラボレーション。うほ♪
a0263675_1231641.jpg


広場では骨董市も。
a0263675_1226317.jpg
←木に掛けられた時計がそそるね。

a0263675_12262954.jpg
a0263675_12195910.jpg

このディスプレイのセンス、分けてくださいな~a0263675_12371976.jpg
a0263675_12381216.jpgこちらの画像もお借りしました→


それにしても、なんつ~ハイセンスなお祭り!!驚いた。
名物のだんごも美味しい癒しのスポット法多山。また絶対行こう♪
a0263675_13235732.jpg



おまけ:
↓約10kgを背負い頑張る甥(小4)。  and  お面をGETしてはしゃぐ息子と姪(4歳)a0263675_12432278.jpga0263675_1255426.jpg

楽しかったね。(お義母さん、お義姉さん、ありがとう!!)
[PR]
by onsix | 2012-05-01 13:43 | おでかけ | Comments(8)


木と土の巣にて


by onsix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

あいさつ

暮らし
庭・花・植物
インテリア・雑貨・器
子ども
おでかけ
友だち
コーヒー
子どもイス
ひとりごと
Conobie

検索

最新の記事

念願の…
at 2016-09-10 00:03
賞金でゲットしたもの
at 2016-08-15 20:15
脱衣所の子供服収納
at 2016-06-06 17:22
気が付けば
at 2016-05-23 22:56
超オリジナルラベル
at 2016-03-27 00:12

最新のコメント

anT500さんへ ほ..
by onsix at 22:29
chochoshiren..
by onsix at 22:27
はじめまして。 素敵な..
by chochoshirenko at 23:46
のんびり更新をお待ちして..
by anT500 at 20:08
anT500さんへ ..
by onsix at 19:34
初めまして。 何かでヒ..
by anT500 at 23:56
Lohas0609さんへ..
by onsix at 00:24
コメントが大分遅れてしま..
by Lohas0609 at 16:17
はじめましてさんへ コ..
by onsix at 23:44
以前から時々拝読していま..
by はじめまして at 13:36

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

画像一覧

記事ランキング

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
子育て