「4年目の黒艶ランドセル」と「新一年生女子のランドセル」

来年度、新一年生になる娘。

そろそろランドセルを注文する時期になってきました。
まだ6月だし、早いのでは?と思われるかもしれませんが、このタイミングは決して早くはないようです。

近年、ランドセルの購入に保護者の関心が高まってきていて、その加熱っぷりは「ラン活」(=ランドセル活動)と呼ばれるまでになっているそうです。
実際、園から配られるランドセルの資料やカタログは年々ボリュームを増し、配布時期も早まっているように感じます。

そして、私が息子のランドセル選びについて書いた4年前の記事に、今でもコメントをいただいたりしています。
↑この記事、いつの間にかコメントが60件を超えていて、ちょっと驚いております。

ツヤありコードバンランドセルを検討されている方にとって、興味深い内容だったのかもしれません。実際に、「このお店で購入しました。」という報告も何件かいただき、嬉しく思っています。(注:私は決して、ランドセル屋さんの回し者ではありません。)

そして、「その後のランドセルの状態と使い心地を教えてください。」というメッセージをいただいたので、現在4年目の息子のランドセルがこれです↓
a0263675_22563061.jpg
黒い革は、まだピカピカしています。

所々細かい汚れやキズはありますが、クリーナーで拭くと艶が蘇ります。(こちらの記事を参照にしてください)

息子の扱いは本当に雑です。帰宅するとランドセルを机の上に仰向け(白い背中面を上にして)にドカンと置き、
蓋を外しながらゴロンとひっくり返して中身を取り出したりしています。
カバーは、1年生の途中から外れてしまい、以来、ずっと裸の状態で使用しています。
雑な扱いのせいなのか、そういうものなのか、肩ベルトにはしわが出来ています。
a0263675_23023440.jpg

息子曰く、子供にとってランドセルはただの通学用鞄であり、自分のも他人のも、何色であれどんな素材であれ、どうでも良いそうです。
しかし、最近になって馬革のランドセルで良かったと思うようになったと語っていました。
友達によく「きみのランドセル、なんでそんなにピカピカなの?」と聞かれることがあり、
息子は「ん?馬だから?」とチョイうざ自慢口調で答えるそうです。
逆に、「お前のランドセル、茄子みたいにテカってるな。おい、ナス。」と言われたこともあるそうで、「ナスじゃなくて馬だ。馬ka!」とラップ調に怒ってました。

とにかく息子は今でも、このランドセルを気に入っているようです。
(あと3年間、大切にしてくれたまえ。)
a0263675_23220581.jpg
今まで、鍵コメをくださった方のみにこのかばん屋さんの店名をこっそり教えていましたが、申し訳ないことにメールの返信が遅れたり、リンクが文字化けするなどのご迷惑をお掛けしたこともあって、解禁(公表)にしようと思います。
しかし、ここに易々とリンクを貼るのは、今まで質問コメントをくださった方に申し訳ないので、ヒントを出すことにします。

「愛知県 春日井市 ランドセル」で検索してみてください。検索結果の1番、2番に出てくる「Mカバン」さんです。


*******

さて、娘のランドセルですが、同じくコードバンのツヤありを購入しようと思っていました。

…ところが、4年前と全く違う価格に愕然としました。

当時、50,000円(税込)で購入した息子と同じ仕様(ツヤありコードバン・豚革内装)をオーダーしようものなら、2017年現在は、およそ72,000円(やや大きめのA4フラットファイル対応サイズ)に跳ね上がっていました。
に…弐萬円もの値上がり!? 
これが「Mカバン」赤のツヤあり↓む??女の子用は鋲がハート型になってるし(._.)
a0263675_01175042.jpg

しかも娘は、「うす紫のランドセルが欲しい。」と言うではありませんか。
ほとんどのメーカーが、コードバンは基本的に赤と黒しか作っていないのです。

それならコードバンはあきらめて牛革にしよう。
紫色はあまり賛成しないけど、土屋鞄の牛革プレミアムの「ラベンダー」なら文句無しに可愛いぞ♪
この絶妙なスモーキーカラーは、土屋鞄さんならではのセンスと技術なんだろな~。
…しかし、残念なことに、値段が全く可愛くありませんでした。
なんと、諦めたコードバンが余裕で買えてしまう価格。これじゃ牛革にする意味が無いw
そしてこの「高級ラベンダー畑」な画像を見てふと思いました。
a0263675_16443186.jpg

全国に、「我が子に土屋さんの鞄を背負わせたい」と思っているパパとママはどれだけいらっしゃるんだろう?
一生に一度だからと奮発し、良い物をわが子に贈りたいという親心。
素敵だ。確かに素敵なんだけど…。
もし自分が7万円以上のバッグを買わせてもらえるのなら、最低でも10年以上使いたい。
でも、ランドセルは6年間しか使えない。6年って、結構あっという間じゃないか。

扇風機に然りランドセルに然り、
「長い間使い続けることが不可能なものには奮発出来ない」という貧乏性。
「圧倒的知名度を誇る高級ブランドは敢えて選ばない」というマイナー志向。
それがおんしなのです。
要するに、土屋さんは人気ありすぎ&高すぎなのよ。(正直すぎてゴメンなさい)


ああ、どこかに安くて良いかばん屋さん、無いかなぁ…

…って、あるじゃないですか!!すぐ見つかりました。
a0263675_15265397.jpg
幼稚園から娘がどっさり持ち帰って来たパンフレットの中に、ひっそりとありました。

  1. 工房の手作りランドセルで、昔ながらのシンプルなデザイン。
  2. 天然皮革なのにとてもお値打ち。(価格設定はMカバンさんとほぼ同じぐらいです。)
  3. クラリーノではない牛革の紫色が存在する。
まさに私の求めていたかばん屋さんが、なんと岐阜市にありました。

そして昨日、空いている平日を狙って、娘と2人でピューッと岐阜まで行って来ました。
金華山の麓。城下町の風情ある街並みに溶け込んだお店の外観に、心が躍りました。
a0263675_00412725.jpg
素朴なロゴも好みです。
a0263675_00423890.jpg
おお、窓越しにランドセルが見えちょる☆
a0263675_00431670.jpg
内装は、至ってシンプル。こちらの壁は、すべて女の子向けの商品。 
a0263675_00454840.jpg
娘のお目当はうす紫でしたが、私は手前真ん中の落ち着いた色合いのローズピンクが気に入って、
「赤がダメなら、せめてこのピンクはどうよ?」と、何回も娘を説得しましたが、ダメでした。
a0263675_00473124.jpg
優柔不断でなかなか決まらない私たちに、お店の方はとても親切に対応してくださいました。

私の理想は、朱赤の天然皮革、内装は飴色の豚革という昔ながらの正統派ランドセル。
娘の理想は、パール入りの人工皮革にラインストーンや刺繍が施してあるような夢見る乙女系ランドセル。

価値観がまるで真逆の母娘がちょっとずつ歩み寄り、辿り着いたのがこの牛革の薄紫色ランドセルです。
a0263675_00500795.jpg
今まで私の中で、紫は「ケバい」というイメージが強く、NGと思っていましたが(紫がお好きな方、ごめんなさい)、宇野カバンさんのランドセルは余分な装飾や演出も無く、背中面やステッチの色も控え目で品を感じました。

本体価格 50,800円(税込価格 円)
2017年現在にして、牛革でこのお値段はかなりリーズナブルです。
されど5万円。小学生が使う鞄にしては十分すぎるほど贅沢な鞄だと思います。
県内にこんな良いお店があって感激でした。


コードバンを購入するなら→「Mカバンさん」(春日井市)→男子におすすめ。
牛革でカラーバリエーションが豊富な→「宇野カバン店さん」(岐阜市)→女子におすすめです。


ちなみに夫は、「はぁ???む、ムラサキぃ~~??赤じゃないのかよ!?」
と声を裏返して驚いてました。分かるよその気持ちw


以上。4年ぶりのランドセル選び報告でした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

[PR]
# by onsix | 2017-06-29 23:57 | 子ども | Comments(12)

あじさいとらくがき


美しいあじさい&6月のイメージショット!



やっと6月らしい天気になりました。
恵みの雨に、庭のあじさいたちが喜んでいます♪


まずは、石垣のアナベル。
a0263675_14382769.jpg

一昨年、石垣に植え付けた青いあじさい。今年は花が咲きました。
頭が重くてうなだれております。
a0263675_14402363.jpg


最初はピンクだったのに、年々、青になりつつある西洋アジサイ。
a0263675_14422286.jpg


昨年、お隣さんから頂いて挿木に成功した貴重な1本。
a0263675_14455524.jpg
↑これ、もともとは濃いピンクだったのに、わが家で育てたら薄ーくなってしまいました。
肥料が足りないのかな??



6年前に植えてもらったアナベルは、毎年石垣に咲くたびに自撮りの如くナルシーに撮影してしまいます。(※自分ちの石垣に見とれるというナルシシズム。)
a0263675_14340739.jpg

***************************************

昨日から、娘が風邪ひいて熱を出し、今日は2人で家にこもってました。
雨の日に家の中で過ごすのは結構好きです。

一昨日、娘が数枚のおりがみに謎の落書きをしていて、
「せっかくきれいなおりがみにらくがきしちゃダメでしょ!?
 なんでこんなもったいない使い方するの??
 らくがきしたいなら、らくがきの紙に描きなさい!」
と叱りました。

a0263675_14575363.jpg
なんでこんなもったいない使い方をしたのか、今日教えてもらいました。

「おみくじ。きのう、ようちえんで みんな よろこんでたよ。」

なるほど。くじを作っていたのか。
「よおかいぼち」(妖怪ウォッチ)、「ピかちゅんう」(ピカチュウ)、エグゼイド(仮面ライダー)、プリンセスやプリキュアなど、男女共に盛り上がりそうなアイテムを取り入れたようです。

a0263675_16431376.jpg

↓大あたりと大はずれくじ。この書きなぐり感とイラストがちょっと面白い。
 (けれど、一昨日はこれを見て怒ってしまいました。)
a0263675_15132979.jpg

↓これら間違いなくハズレやなw なぜか誤字だらけ…

a0263675_15145048.jpg
ハズレを引いた男の子たちが大盛り上がりをしてくれたとニッコリ話してくれました。
叱ってごめんよ。(でも、事情知らなくてこれ見たら、お母さんなら誰でも怒りたくなるよなぁw)



娘は普段から、暇さえあればボールペンでお絵描きをしています。
不要になったコピー用紙の裏紙にぎっしりと彼女のワールドが詰まっています。
a0263675_15214821.jpg
a0263675_16480131.jpg


怖い絵もたまにあります。↓これはアンパンマンの共食いか?
a0263675_15245561.jpg

こちらは、赤ちゃんが生まれた夫婦を見た女の人が、
「わたしも赤ちゃんほしい。」と思っている絵だそうです。
a0263675_15254540.jpg
6歳にして、なんつーテーマを思いつくんだ…

私が深夜こっそり見ていたドラマ、もしや娘に見られてたのかな?
いや、そんなわけない…と思いたいw


そんなおませな彼女は、ぬりえにも情熱をかけています。
a0263675_15332726.jpg

「え…?うそ?これ、全部ひとりで塗ったの??」

髪の毛のつやとか服のしわ、陰影を付けて塗っていることに驚きました。
こんな塗り方する子供、初めて見ました。
小4の兄より10倍は上手です。(決して兄ちゃんをけなしているわけじゃないんだ。許してくろw)

教えてないのに…むしろ、私は大人になってもこんな塗り方したことすらないぞ…。


塗り絵のコツは、すべてYouTubeから教わったそうです。(こんな母ちゃんですいません)
あちゃー。。恐るべし現代っ子。
そのうち彼女に「これだから昭和生まれの人は…」って見下されそうで怖いです。

明日は幼稚園に行けますように。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
# by onsix | 2017-06-21 16:32 | 子ども | Comments(6)

風に吹かれて

いつもの普通の 風に吹かれて 消えちまうさ

という懐かしい歌を思い出しました。
今回は扇風機探しです。

10年前から高さ調節機能が壊れ、不便な思いをしながら使い続けてきたわが家の扇風機。
ついに「今年こそは買い替えよう!」ということで、今どきの扇風機を調べてみました。

近年、家電量販店で売られている扇風機は、2000~5000円程の安価なタイプと、それの何倍以上(ウン万円)もの高額で売られている高級タイプに分かれていて、その差はモーターの違いにあるらしいのです。
新しい技術「DCモーター」搭載の扇風機は、従来の扇風機に比べるとかなり静かで省エネになっているそうです。

おしゃれな高級扇風機と言えばバルミューダ「GreenFan」。

バルミューダ 省エネ 静音 リビング扇風機 The GreenFan(グリーンファン)| EGF-1600-DK(ダークグレー×ブラック)

BALMUDA

レビューによると、高いだけあって「究極のデザインと極上の風」なのだそうです。
ブラックは2017年の新色で、売り切れ続出しています。


バルミューダの2番手と思えるのがカモメファン。価格は、バルミューダより1万円ほど安いです。
サイトの動画(ザ・日本の夏というイメージ)の雰囲気に惹かれました。
 ↓ ↓ ↓
カモメファン 特設サイト

カモメファン 扇風機 メタルリビングファン 30cm ブラック FKLR-302D BK

ドウシシャ


この2機種でしばらく悩んでいました。

デザインは似ているようで、細かく観察すると結構違います。
見た目の雰囲気はバルミューダが好みですが、値段と知名度が高すぎるため、あまり知られていないけどなんだか良さそうなカモメファンを狙いたくなりました。
両方購入されたという方のレビューを読むと、デザインだけでなく風の質もバルミューダが勝っているそうです。うーむ。。

たまたま会った妹に、「どっちが良いと思う?」と聞いたら、
「1万円の差で悩んでるの?長く使うものなら、多少高くても本当に自分が良いと思ったほうを買うけどな。」ですと。かっこいいこと言いやがるw

「よし。きめた。」

バルミューダの「GreenFan」を買い物かごに入れた瞬間、こんな広告が目に飛び込んできました。

なに?DCモーター搭載でこの値段!?


【DCモーター扇風機】 boltz 風量12段階調節  7,130円 (税込 7,700円)


お、背の高いバージョンもある!

boltz…ボルツっていうのか?聞いたことないなぁ。

ところが、このショップのサイトを見ているうちに、だんだんそそられてきたのです。

「スイッチを付けた瞬間にあなたが浴びるのは、扇風機と呼ぶにはあまりにも繊細で柔らかな風」

バルミューダの約5分の1の値段でそんな風を手に入れられるのか?
デザインも悪くない気がしてきたぞ。

「よし。ふたたび決めた。」

なんと!おんしは結局、この安い2台を購入してしまいました。
近い将来、子供部屋に扇風機が2台必要になるのを見越して、「安くてもいい。」という結論に落ち着きました。妹、何て言うかなw
さらにもっと近い未来、子供用ベッドと机、ランドセルを購入せねばならないので、今は節約を第一優先にしました。
a0263675_16505842.jpg


箱を開けた瞬間、軽々しいプラスチックの土台と、プロペラと言うよりペラペラな羽根の質感に、
「ははぁ。これまたなんとチープな…」
と思わずつぶやきました。(失礼極まりなくてごめんなさいm(__)m)

組み立てはとても簡単でした。
左がリビング用「ハイポジションタイプ」。右が和室用「スタンダードタイプ」。
a0263675_1657035.jpg

やはり、デザインはいまひとつかな…
真ん中のロゴの部分や、首のメッキがあまり好みではないんだな。。(言いたい放題)

土台は、こんな感じです。この部分はすっきりしていて好きです。
a0263675_170442.jpg



ところがこの扇風機、スイッチを付けた瞬間、驚きました。
a0263675_177382.jpg


まさに、広告のとおり「扇風機と呼ぶにはあまりにも繊細で柔らかな風」でした。

この風、本当に今までの扇風機の風とは全然違うんです。
なんと言いますか…窓から入ってくる風に近く、付けっ放しにしても安心して寝られそうな優しい風なのです。しかも、全然音がしないんですよこれが!なんという静かさでしょう。

これがDCモーターの技術なんだ。
扇風機もいつの間にか進化してたんだな。
バルミューダの風は、さらに素晴らしいんだろうか?
今のところは、このボルツ君で申し分無く快適です。
a0263675_1715847.jpg

数年後、子供たちが自分の部屋で勉強するようになったら、今よりさらに進化したバルミューダ「GreenFan」をリビングに迎えたいものです。




それより、今年は6月なのに爽やかすぎて…扇風機が要らないぐらいです。
来月になったらとんでもなく暑くなったりするのかな??


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

[PR]
# by onsix | 2017-06-14 21:54 | インテリア・雑貨・器 | Comments(8)

ザ・半年ぶりの投稿☆

a0263675_20314836.jpg


久しぶりすぎて…覚えていらっしゃいますでしょうか。
おんしです。

庭の緑がモリモリ茂ってくると、ついつい写真が撮りたくなり(と言ってもiPhone撮影ですが…)
もう誰にも読まれていないかもと思いつつ、ブログを更新してみました。

6年目のわが家の生垣、やっとこさ生垣らしくなってきました。
a0263675_2031739.jpg

3年前はまだ貧相で貧相でした。家の中丸見えでしたもん。
a0263675_20404016.jpg


南側の庭も以前よりは庭らしくなってきたかな…
a0263675_20341385.jpg

a0263675_21593077.jpg



西側の庭では、ギボウシが年々巨大化しております。
a0263675_20442188.jpg

娘の手と比べてもこんなに大きいです。

a0263675_2043302.jpg


庭の外周には、ラベンダー畑を作りました。
a0263675_20473576.jpg

なんちゃって、ウソこきました。
ラベンダー畑の正体はここです。
a0263675_20493776.jpg


そして、北側(玄関側)
四月はアジュガの花が咲き、
a0263675_2050331.jpg


五月にはショッキンピンクの花(名称不明:ナデシコ系の背が高いやつ)が咲き乱れ、
a0263675_20531293.jpg


現在、セダムが繁殖中です。a0263675_20543046.jpg


珍しい色の斑入りセダム(マンネングサ系のやつ)を見つけまして、a0263675_20585637.jpg

溝と石垣の隙間に植えました。増えてくれるといいな。。。a0263675_20592099.jpg

マンネングサは、勝手にいろんな所に増えています。
a0263675_214735.jpg

私にとってセダムは、数年前まで貴重な存在だったのに、こんなにも増えすぎると、いつの間にか空気のような存在になってます。(ごめんよ。)

そして、6年経ってようやく室外機カバーを付けました。a0263675_219851.jpg

じつはこれ、カインズホームで「1,180円」という札を見て速攻レジへ持って行くと、
「4,980円になります。」と言われ、心の中で「うそん?」と叫びましたが、
「えっ?1,180円じゃないんですか!?それならやめます。」と言う勇気が出ず、泣く泣く購入してしまったという哀しい一品です。

あとで売り場に戻って確認してみると、やはりそこには大きく『1,180円』と書かれた値札が!
ん?
広告の品!プラスチックチェア1,180円!」って書いてあるではないか!?
残念ながら、横に並べてあったプラスチック製のイスの値札が、誰(イスをお買い上げしたお客様だろうか…)が置いたのかは不明ですが、室外機の見本の上にちょこんと置かれていました。
小さい文字までちゃんと読むべきであった。。

しかも、別にカバー買わなくても緑がじゅうぶん室外機をカバーしてくれてるではないか???
a0263675_21274799.jpg
葉っぱが無くなる冬に活躍してくれることを期待しよう。


***************************************


ブログはさぼっていましたが、RoomClipは続けています。(アプリをダウンロードすると見やすく、投稿も簡単なインテリア専用のSNSです。)

*onsix777の写真*



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

[PR]
# by onsix | 2017-06-10 22:22 | 庭・花・植物 | Comments(6)

念願の…

この家に住んでから、「広くて大きなソファがほしい。ほしい。」と思いながら、
子供が大きくなるまで我慢しよう…を5年間貫いてきました。
子供が大きくなるにつれ、ソファはますます汚れて狭くなり、とうとう我慢の限界を迎えました。

すでに3年前、ソファを欲しがっていた記事。→ほんとはソファが欲しいけれど…

ちょうど3年前に、「リビングに絨毯(ギャッベ)を迎えよう計画」を立てていて、「ギャッベ貯金」を毎月1万円ずつ積み立てておりました。
満期を迎えた今年。もはや、家族も私も、絨毯なんかよりもソファを切望していて、ついに今年の夏休み、買い替えを決行しました。

12年間愛用してきた白い革の二人掛けソファ。
a0263675_23383384.jpga0263675_23384428.jpg
9歳と5歳になった子供たち。相変わらずこんな感じですw

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

夏休みの終わりに、念願の家族4人全員が座れるBRICK CORNER SETがやって来ました。
a0263675_2340923.jpg


今回もFLANNEL SOFAで、購入しました。
a0263675_23405262.jpg

背面が低いので、圧迫感が無く、今までよりも部屋が広くなったような気がします。
a0263675_2341512.jpg

生地は、フェイクスウェードタイプのHCシリーズのダークグレーにしました。

サイドに物が置けるオーク材の木肘が気に入っています。
a0263675_2342542.jpga0263675_2343353.jpg
「ちょっと色が地味すぎたかな…」としばらく後悔してましたが、襖の青色と合ってるので、これでよかったと思うことにしました。

a0263675_23441552.jpg


実はこのソファ、ちょっぴり奮発してしまった為、「ギャッベ貯金」の資金より少々足が出てしまいました。
そのぶん今年の夏休みはレジャー費を節約して、遠出をせず家にこもっていましたw
そして、前記事にも載せていた息子の工作「戦国すごろく」を、夏休みの全てをかける勢いで製作しました。

完成した「戦国すごろく」。
a0263675_23451340.jpg



a0263675_23454131.jpg
前記事の西軍武将(石田三成、豊臣秀吉、真田幸村)に続き、
東軍武将(織田信長、徳川家康、伊達政宗)の駒も作りました。
(信長と秀吉は、関ヶ原の戦いの時には、もうこの世にいませんでしたが、なんとなくで振り分けました。)

各軍の陣地に軍旗を立てて、家紋を入れるなど細かい細工が施してあります。
こういうのは息子の大得意分野でした。


「取り扱い説明書」には、遊び方と事件の解説が書いてあります。
a0263675_23464175.jpg

この解説、息子の主観が色濃く出ていて、真田丸ファンの彼は、真田の敵・徳川家康のことをあまり良く思っていない心境が絵と文に表れていますw

戦国マニアな小3男子の描いた大坂の陣。これには私も感心しました。
a0263675_23471891.jpg



実はこの作品、全てを息子が一人で考えて作ったわけではありません。
正直に言いますと、私の細かい指示・指導のもと、息子に作らせましたw

たまたま参加した夏休み前の学級懇談会で、自由研究の話題になり、あるお母さんが、
近年、作品のレベルが上がりすぎていて、入選するのは明らかに親の手が加わったようなものばかりであることに違和感があると意見されていました。
「うちは、なるべく子供にやらせて、親は手出ししないようにしてるんですけど、
 「頑張っても賞がとれない。」って、うちの子が毎年泣くんです。
 ある入賞した子に、作品の説明を聞いたら、
 「これ、ほとんどお母さんが作ったから、ぼくはよくわかんない。」って言ってたんですよ。
 真面目に頑張った子どもが入選できなくて、親に丸投げした作品が選ばれるなんて、おかしくないですか??」

切実に訴えるお母さんの話に、ちょっぴり共感してしまった私は、
確かに。いつからこんなに親の協力を必要とする風潮になったんだろう?
私が子供の頃は、自由研究は子供だけで全てやっていたのに…。
親が手を出しまくったら、親の作品になってしまいそうじゃないか?
そう思えてきて、ふと先生に、
「いっそのこと、親は子供の作品に手出ししてはいけない。というルールを作ってはどうでしょう?」
と、アホな意見を言ってしまいました。

すると、先生が真顔で、
「それをしてしまうと、うちの学校だけレベルを下げることになってしまうんです。
 親御さんがお子さんの研究に関わることって、学習的にも親子にとっても良いことなんですよ。
 夏休みこそ、親子がふれ合える良い機会です。チャンスだと思って協力してあげてください。」
と言われ、私は、「うへぇ~恥ずかしい。。あんなこと言うんじゃなかった。」と後悔しましたw

が、先生のこの一言こそが、私をヤル気にさせてしまいました。

帰宅するなり息子に、
「今年の夏休みの作品、賞獲ろーよ!!母ちゃん、協力するから一緒に頑張ろっ。
 そんでさ、キミがどんだけ戦国が好きなのかをみんなに分かってもらえるような作品にしようよ。」
と言うと、
「おっしゃー!ぜってー賞獲る!!」
と、息子も燃えていました。

こうして始まった夏休み。
途中から息子が文章を書くのを面倒くさがり、私が尻を叩きまくり、最後は二人ともほんとにヘロヘロでした。
息子がやる気の無い汚い字で書こうものなら、私が紙をクシャッと丸め、
「こんな読めないすごろく、誰も遊んでくれんわ!」
と、何度も書き直させました。まさに鬼母でした。辛かった。。。。(-"-)

その努力の甲斐あって、市の社会科作品展に入賞でき、家族で大喜びしました。
a0263675_23531435.jpg


親子で力と知恵を出し合いながら、一つの作品を作り上げることの良さは実感できましたが、
懇談会のときにあのお母さんが言われたように、来年からは自分だけの力と発想で頑張って欲しいと思いました。
来年は4年生。いよいよ高学年だもんね。時が経つのは速すぎる。。


今年は、我慢と努力が実を結んだ夏でした。
来年は、もっと「バカンス的」な夏休みにしたいです。

2学期が始まった現在。
ソファに癒される間もなく、今度は娘の幼稚園のPTA業務に追われております。

追記:FLANNEL SOFAさんのHPに載せてもらいました。→『ソファのあるお部屋紹介NO.1294


私もゆっくり寛ぎたいよ~(*´Д`)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
# by onsix | 2016-09-10 00:03 | インテリア・雑貨・器 | Comments(16)


木と土の巣にて


by onsix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

あいさつ

暮らし
庭・花・植物
インテリア・雑貨・器
子ども
おでかけ
友だち
コーヒー
子どもイス
ひとりごと
Conobie

検索

最新の記事

「4年目の黒艶ランドセル」と..
at 2017-06-29 23:57
あじさいとらくがき
at 2017-06-21 16:32
風に吹かれて
at 2017-06-14 21:54
ザ・半年ぶりの投稿☆
at 2017-06-10 22:22
念願の…
at 2016-09-10 00:03

最新のコメント

> Lohas0609さ..
by onsix at 06:01
我が家も2年後にはランド..
by Lohas0609 at 16:40
鍵コメさん 更新待って..
by onsix at 22:46
YOUさん 東のほうへ..
by onsix at 22:35
出遅れました そちらを..
by YOU at 10:04
shirokumaさん ..
by onsix at 14:33
Takumiさん 建物..
by onsix at 14:03
Kanaさん いやいや..
by onsix at 13:50
こんばんは。 先日、初..
by shirokuma at 22:41
UNOKABAN建物がい..
by Takumi at 22:03

以前の記事

2017年 06月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

画像一覧

記事ランキング

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
子育て