器との出会い

a0263675_0282291.jpg
以前ブログで紹介させていただいた「ギャラリーくれい」さんから、
「永く使えるカップ展」の展示会と、
営業終了のお知らせが届きました。

夫に、
「見て。今年で最後だって。
 そういやコーヒー飲むカップとか欲しくない?
 でも、陶器まつり行ったばかりだし、やめとこうかなぁ。」
と控えめに言ったら、

「行けばいいやん。」

と、あっさり承諾してくれたので、日曜日に一人でに瀬戸に行って来ました。



約1年半ぶりに訪れた焼き物長屋。この看板が外されるのは惜しいな。。
a0263675_001650.jpg

この雰囲気、好きでした。
a0263675_0311661.jpg



岡山富男さんの青いマグカップを手に取った瞬間、「これ!」と思いました。
a0263675_0512925.jpg

形、色、釉薬のかかり具合。好きな要素が集結していて、まさに一目惚れでした。


同じく岡山さん作の青い猫も連れて帰りました。
作家さんの手づくりなので、決して安くはありませんが、かなり良心的なお値段でした。
a0263675_0392232.jpg



夫は、「また同じようなものが増えたな。」と思っていることでしょうw
a0263675_0531039.jpg

この媚びない表情と、手仕事の繊細さがたまらなく好きです。
a0263675_0553781.jpg

娘は、何でも「カワイイ」と言いたい年頃なのか、「ネコちゃんカワイイ!」と言い、
息子も、「すげー!ネコなのに肉球が無くて、肛門ついとる!」と、お気に入りの様子。
a0263675_0435952.jpga0263675_045311.jpg
留守番してくれた子供たちは、「お昼に父ちゃんの作ってくれたラーメンがまず過ぎて、かわいそうだけど残したよ。」と言っていました。
ドンマイ、父ちゃん。

*****************************************

所変わって、昨年ウハウハだった「下石どえらあええ陶器祭り」、今年も最高の収穫でした。

結論から言いますと、こんだけ全部2,000円ポッキリでGETしてしまいました。
a0263675_112919.jpg

まず、手前のお皿は手作り品なのですが、ワケアリ品だそうで、「1枚300円。」と言われ、
「4枚買います。」と言ったらなんと!
「じゃあ、4枚1000円でいいよ。ついでにこれもハンパ物だからあげる。」と、
右手前の両手付きココット皿1個おまけしてくれました。

a0263675_125066.jpg
←結局、250円で買った(とは思えない)このお皿。
パンやケーキをのせるのにちょうど良い感じです。



a0263675_1192820.jpg
持ち手付の平たいカップは1個500円。
結構大きくて、シチューやおでんなんかもいけます。
あんま美味しそうじゃなくてすいませんm(__)m

去年買った2色にプラスして、家族4人分揃いました。
a0263675_121464.jpg



祭りで見つけた掘り出し物を、テントで陶器屋さんと値段交渉する楽しさも、
ギャラリーにて、大切に手に取りじっくり吟味する作家さんの器も、どっちもワクワクする出会いです。

*****************************************

おまけ:瀬戸の帰りにふらっと立ち寄った多治見の服屋さん。
a0263675_1363188.jpg

あまりに素敵だったので、写真を撮らせてもらいました。

奥のカフェ&雑貨屋さん
a0263675_1373349.jpg


このお店で、書類整理用の雑貨を買いました。ちゃんと整理できたらお披露目しよかな。
a0263675_1382869.jpg




焼き物、大好き。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
# by onsix | 2015-11-17 22:59 | インテリア・雑貨・器 | Comments(11)

芸術の秋・読書の秋

先月末、突然息子が、
「Mさんって、いつ引っ越すの?」
と聞いてきた。(Mさんは、現在、八ヶ岳の麓に新居を建設中で、年内には引っ越しの予定である。)

「あのさ、図工で、Mさんにあげるケーキを作ったんだけど、本当は今日持って帰る予定だったのに、公民館のお祭りに飾られるらしくって、1月まで返してもらえないんだって。引っ越しに間に合わないかなぁ?」

そういえば、「もうすぐ引っこしちゃうおばさんにあげるケーキ。」と書いてあるプリント(設計図)が、机の上に置いてあったのを思い出した。
あれはMさんのことだったのか? ほぅ、気が利く男になったものだ。
しかも、作品が選ばれるなんて喜ばしいことである。

お祭り当日、作品が展示してある体育館に足を運んだ。
紙粘土で作られた2年生の作品。美味しそうなイチゴや、フルーツ、マカロンまで細かく丁寧に作り込まれ、飾り付けられている女の子のケーキや、バスケットゴールやボールが載ったユニークなケーキたちを見て、「上手だな。センスあるなぁ。」と感心しながら、息子の名前を探していると…

こ…これか?

丸いケーキが多い中で、息子のケーキは正方形で二段になっていて、他の作品と比べるとやたら大きかった。
クリームは、なぜか食欲のそそらない青、緑、茶色(はチョコレートっぽいので良しとするが)がメインで、所々白と赤が混ざっている。
上面には波が立っていて、そこに宇宙人なのかよく分からない謎の生物が何匹かいる。
側面には、粘土でこさえた自分の名前が大きく堂々とへばりつけられていた。

な?このカオスなケーキは??
ケーキ(=お菓子)の要素がまるで無い。
っていうか、おい…Mさんに捧げるケーキに自分の名前書いてどうすんだよ?
息子の作品は、ツッコミどころ満載であった。

い、いかん!褒めなきゃ!! しかし、どう褒めていいのか分からない…

沈黙の後、
「し、四角いね。でかいなぁ。不思議なケーキだね。。。」
そんなコメントしかできなかった。

その夜、「母ちゃん、おれのケーキどう思った?」と聞かれ、
「正直に言ってもいい?」と聞くと、
「うん。…あ、やっぱり言わなくていいよ。」
息子のテンションが下がってゆく…。

「ごめん!すごい上手とは言えんけどさ、あのケーキから、図工が大好きだってことはすごく伝わってきたよ。先生はどこを評価してくれたんだろうね。母ちゃんはそれが知りたいなぁ。」

息子に、「言わなくていい」と言われたのに、余計に傷つけることを言ってしまった。

「たしかに。おれも何で選ばれたのか分からん。たいして上手くないのにさ。」

その言葉を聞いて、「しまった。」と思ったが、もう遅い。

「そんなことないよ!でもさ、そうやって、選ばれてもいい気にならないところ、偉いよ。
 そういう子は、これからもっと伸びるはず。絶対上手になるよ!!」

フォローにもならない励ましであった。


翌日、息子は、この日のことを宿題の日記に書いて、提出していた。

「お母さんは、ぼくのケーキが何でひょうかされたのか分からないと言ってました。
 ぼくは、もっと図工が上手になりたいです。」

げ…。最悪な母親じゃないか…。そんなことを考えながら、先生の返事を読むと、

「○○君のケーキには、川が流れていたり、自然の緑や世界があって、先生はとてもステキだと感じました。あなたの作品はすばらしいですよ。これからも、ますます上手になってください。楽しみにしています。」

先生…。
あたたかいコメントに涙が出そうになった。

一体、私は何を見ていたのか。
見た目ばかりに囚われて、危うく息子の個性を潰すところであった。
しかし、適当に褒めてやらなくて良かったような気もする。
息子をがっかりさせたのは申し訳無いが、おかげで大切なことに気付くことができた。
親が完璧じゃなくても、フォローしてくれる先生がいる。
子どもを育てているのは親だけでなく、学校や、先生や、いろんな人たちのおかげで成長しているのだ。


※Mさんへ。粘土ケーキはかさばるので、気持ちだけ受け取ってくださるとうれしいです。


*****************************************

発想力の兄とは対照的に、この頃着々と画力を付けてきている妹。
a0263675_0194720.jpg
a0263675_0202885.jpg
アンパンマンの上達っぷりには驚いた。
→(半年前のアンパンマン

まつ毛を描くのは、女の子特有の技だろうか?まつ毛角度がおかしいけどw…ドンマイ。
a0263675_0245370.jpga0263675_0242655.jpg

大切な塗り絵を、兄に悪質な落書きされて、大泣きする妹。
a0263675_0235199.jpg鼻毛は許せないらしい。a0263675_024579.jpg


毎日、黙々とメモ帳を消費し、増え続けていく娘の絵。
a0263675_0211424.jpg

よく見ると、結構シュールw

*****************************************

私はと言うと、スマホの無料配信マンガにはまっている。
(先月、ブログ更新を怠ってしまった理由は、半分以上は漫画のせいだ。)
少女漫画から、アクション、ホラー、ギャグマンガまで幅広く好んで読んでいる。

ここ最近のヒットは、「アシガール」

アシガール 1 (マーガレットコミックス)

森本 梢子 / 集英社

女子高校生が戦国時代にタイムスリップして、足軽(下級武士)になってしまうストーリだ。
1巻無料で、続きを借りたくてTSUTAYAに行ったが、置いていなかった。
続きが気になって仕方ないw


↓15年程かけて、やっと全巻揃ったエヴァンゲリオン。発売がゆっくりすぎて、しばらく集めるの忘れていた。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
アニメとは少しストーリが異なるが、こちらの終わり方のほうが私は好きだ。
[PR]
# by onsix | 2015-11-11 23:48 | ひとりごと | Comments(9)

秋の庭そうじ・庭づくり

毎年、この季節は、玄関の北側にある街路樹「ナンキンハゼ」の落ち葉で、
歩道と車庫がえらいことになります。

a0263675_21413442.jpg
a0263675_2345986.jpg

前記事にRYOBIのブロワーバキュームの使い心地についての質問をいただきまして、
ちょうど良いタイミングなのでこれを使って掃除しました。

ブロワーのタイプはいろいろありますが、私が使っているのは、こちらの一番手頃なタイプのものだと思います。2~3年程前にホームセンターで購入しました。

リョービ ブロワバキューム RESV-1000D

リョービ


5mぐらいのコードが付属されていますが(写真真ん中↓)、これだけでは長さが全然足りないので、10mのコードリール(右↓)と併用しています。
a0263675_23441935.jpg

これ一台で、吹き上げ&吸い込みの両方をこなしてくれます。レバーで切り替えができます。
強弱はスイッチで2段階切り替えができます。音は室内用の掃除機の1.5倍ほどやかましいです。
女の人が持つにはちょっと重いかもしれませんが、口のところにキャスターが付いているので、掃除機のようにゴロゴロ動かせばわりと楽に掃除できます。
a0263675_024573.jpga0263675_0172275.jpg

竹ぼうきでは集めるのが大変な砂利敷の庭の隅っこの落ち葉とか、
溝の網の蓋(グレーチング)の奥に溜まった落ち葉は、網の上から「ブオーッ」と風を吹き上げて追い出し、一箇所に追い込んだらスイッチをバキュームに切り替えて、吸い込みます。(これはホント便利です。)
a0263675_0282326.jpga0263675_0283246.jpg

結構な吸引力なので、小石までは吸い込みませんが、砂や土は多少吸い込んでしまいます。
移植したてホヤホヤのセダムをうっかり吸い込んでしまったときは、ショックでした。
(※根がしっかり付いていれば吸い込まれません。)

ほうきで庭を掃除するのに比べたら、大変便利な道具ですが、
コードレスのハンディクリーナーのような「手軽にササッと感覚」とは程遠いかもしれません。
重いコードリールを運び、延長コードと繋げて電源を確保し…、
吸い込んだ落ち葉を捨てるのがこれまた面倒な作業でして…、準備と片付けは正直めんどくさいです。
a0263675_9572063.jpg
←この袋、チャックが付いているのですが、
ちょっぴり口が狭くて、葉っぱが取り出しにくいのです。

欲を言えばもっと「がばっ」と開いてくれたらなぁ。
葉っぱを捨てる時は、埃と粉塵が舞うので、マスク着用をお勧めします。

しかし、庭が葉っぱまみれになるわが家にとっては、もう手放せない道具であります。

私の下手な説明を読むより、この動画を観るほうが一発でイメージが掴めると思われますw
↓ ↓ ↓
外で使う掃除機 (リョービのブロワバキューム)

落ち葉どっさりだった玄関は、きれいさっぱりしました。(それも束の間…またすぐに葉っぱがどばどば降ってくるんだよな。。)
a0263675_0441142.jpg

掃除ついでにビオラを植えました。(カインズで10株680円でした。)
a0263675_17495.jpga0263675_18060.jpg



先月、剪定を終えた庭にも花壇(…と言っても、石を並べただけですがw)を作りました。
a0263675_1151472.jpg
土留めに使った栗石の余りや、その辺に転がっているやや大きめの石をかき集めて、砂利敷と植込みの境界を作り、痩せている地面を耕し、新しい土を入れてやりました。
a0263675_1164032.jpga0263675_1165770.jpg

砂利だけの頃と比べると(↓ 一昨年の春)a0263675_1214386.jpg
ちょっとは庭らしくなったかな?
a0263675_1234571.jpga0263675_1251721.jpg
春が待ち遠しいです。


多肉たちも色づきました。
a0263675_1415436.jpga0263675_1421360.jpg

冬が近づいているのに、夏の花(カリブアコア)は元気に咲いています。あ、ぞうきんが…w
a0263675_146182.jpg

庭があるって、めんどくさいことも多いけれど、やっぱ幸せだ。
a0263675_9285072.jpga0263675_9291517.jpg


※kanaさんへ。↓現在こいつ(イエローピーチ)を挿し芽で増殖中です。
来年、うまく育ったらお嫁にもらってちょ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
# by onsix | 2015-11-07 09:32 | 庭・花・植物 | Comments(10)

ごぶさたしてました。

ブログかなりさぼってしまいました。久々に更新です。

10月は、とにかく暇さえあれば庭をいじっていました。
蚊がいなくなった上旬頃から、剪定、剪定、剪定の毎日。

今年は庭師さんにお願いしようか…。シルバー人材センターに依頼しようか…。
そんなことも考えましたが、結局全て自力でやっちまいました。しかも、私一人で。

テキストや本を見ながら、昨年の講習で教わったことを復習しつつ、切っていくうちに、
「あ、この枝を切ればいいんだ!」「こいつは残さなきゃ。」
と、だんだん見分けがつくようになってきて、楽しさが感じられるようになりました。

この頃、歩きながら見かける庭木や街路樹たちに対しても、
「ほぉ!理想的な樹形だなぁ。うちの庭木もあんな風に成長してくれたらなぁ。」とか、
「あちゃ~。あの枝、あそこで落としてやれば、もっとかっこよく決まるだろうに。」
などと、生意気目線で樹を見るようにまでなってきました。(にわかな勘違い野郎ですいませんww)

そして、ついに本格的な剪定ばさみを手に入れました。
a0263675_14522811.jpg
刃研ぎ保証付きです。
a0263675_14524094.jpg


今まで使っていた切れないはさみで切った枝を→→新しいはさみで切り直しました。(一目瞭然の切れ味です。)
a0263675_14553511.jpga0263675_14554344.jpg
この剪定鋏を使うと、少ない力で「さくっ。」と切れるので、楽しくてつい無駄に切ってしまいたくなる欲に駆られます。

昨年は控えめにこんな感じでしたが、
a0263675_1563993.jpg
↓ ↓ ↓
今年は思い切って強めに剪定してやりました。
a0263675_157847.jpg
上に集中している枝を切って成長を止めてやることで、下の方の葉っぱを茂らせる作戦です。
果たしてこれがうまくいくか…?来年の初夏が楽しみです。

石垣のツツジやサツキの刈り込みには、マキタのバリカンを使いました。(実家から借りてきました。)
a0263675_15144770.jpga0263675_15134310.jpg


初夏にはこんなにモリモリだった西側と北側も…
a0263675_15185751.jpg
↓ ↓ ↓
きれいさっぱりやっちまいました。(↓ お!ナンテンが色づいておる。)
a0263675_15201424.jpg

2階まで届きそうだった二股のシマトネリコも、脚立に上ってのこぎりで切りました。
(ちと怖かったw)
a0263675_15224126.jpg
まだまだ経験と勉強が必要です。。


庭じゅう切った枝やら葉っぱやらで、足の踏み場が無いほどでしたが、いつの間にか子供たちが、落ちている枝をかき集めて運んでくれてました。
a0263675_15333360.jpg
葉っぱを袋に詰める小学生&ほうきで掃除する幼稚園児たち。
a0263675_15382132.jpg
30代最後の誕生日を迎えたおんしは、この光景に感謝&感動しました☆


落ち葉や細かい葉っぱは、RYOBIのブロワーバキュームで吸い込むと、さらに細かく刻まれます。a0263675_15315051.jpga0263675_1532231.jpg
これらを実家の畑に運び、燃やして肥やしにします。(軽ワゴンで3~4往復しました。)a0263675_15284619.jpg

剪定を終えた現在は、花壇づくりに励んでいます。(詳細はまた次回に。。)
来年、楽しい春を迎えるために。今が頑張り時です。

*****************************************

おまけ: 明日はハロウィンですね。

息子は、仮装のつもりなのか?素肌にダンボールの鎧を装着。
本人曰く、「足軽」だそうです。
a0263675_18331039.jpga0263675_15473445.jpg
この衣装、数分後にぶっ壊れて、すっぽんぽんになってました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
# by onsix | 2015-10-30 19:19 | 庭・花・植物 | Comments(10)

やかんに揺れる

この家の新築祝いにいただいた、お気に入りの赤いホーローケトル(やかん)。

2年ぐらい前に持ち手の金具が外れて以来、何度も外れては付け直す…を繰り返し使い続けてきましたが、先週、コーヒーを飲もうとお湯をドリップポットに移そうとした瞬間、
「ガシャン!」と、持ち手の片側が外れ、危うくやけどするところでした。

外れた金具が「ポチャン」と、やかんの底に落ちたので、覗いてみると…、
さ、錆びておるではないか!?
a0263675_22404169.jpga0263675_22404895.jpg

「イカン。。。」
とうとう諦めて新しいやかんを探すことに。

錆びに強そうなステンレスのこのやかんが目に留まりました。
a0263675_22552744.jpga0263675_22553434.jpg
「工房アイザワ」のストレートケトル。ハンサムでシュッとした直線的フォルムに惚れました。

a0263675_1542930.jpg↓こちらで購入。

tsunagu
〒507-0033
多治見市本町
5-15-2
Tel :0572-26-8279


a0263675_23134352.jpg
早速ルンルン気分でキッチンに置いてみましたが…

キッチンのステンレス天板に絶対合うと思っていたのに、なんか違う。。。
やかんがスッキリしすぎているせいか、後ろのごちゃごちゃが際立っております。

今までは、パッと目を引く赤いやかんの存在感のおかげで、ごちゃごちゃ感が見事にごまかされていたことに気付きました。

「湯を沸かすだけじゃなく、視覚コントロールの役割もしてくれていたんだな。」

赤いやかんがキッチンから消えて、心の中にぽっかり穴が開いたような気分になりました。



話は変わりますが、
先月から「ショクブン」という食材宅配サービスを利用しています。

夕飯の献立と、その日に使う分だけの食材を毎日無料配送してくれるサービスです。
↓こちらが昨日届いた食材と調理したおかず。
a0263675_1836464.jpga0263675_1836552.jpg
4人家族のわが家は、子供がまだ小さいので、3人分注文しています。
平日5日間分で、6,000円弱の食費になります。(高いのか?安いのか??)
お米や油・調味料等は自分で用意して、材料を切ったり味付けも自分でしなくてはいけませんが、
揚げ物や餃子は、粉を付けたり具を包む必要はなく、焼くのみ・揚げるのみの状態で届くので、料理に掛ける手間と時間が半分で済むようになりました。
(夫はそこが許せないみたいで、「既製品の味がする…。ちゃんと手づくりしろや。」とブツブツ文句を言いますw)

以前、ブログで「自分は夕方が嫌いで、何故なら料理が苦手。」と告白しましたが…
そのときの記事→

*食材の買い出しに行くのが煩わしい。
*そもそも「今日の夕飯何にしよう?」と献立を考えること自体めんどくさい。


最も苦手だったこの二つが解消され、今はとても助かっています。
苦手な魚料理もササッと作れるようになりました。忙しいお母さんにおすすめです。
夫は不満のようですが、もう少し続けたいと思います。


話は戻りまして…、赤いやかんを失い、心に穴が開いていた私。
「そうだ!壊れたからって、なにも処分することないやん!!」と思いつき、
再び赤いやかんを綺麗に洗って磨き、キッチンに呼び戻しました。
弁当のおにぎり用の「ふりかけ&海苔入れ」として、ここに置いておくことにします。

一瞬でも捨てようとするなんて、ほんとゴメン。。ゴメンよう。。。
a0263675_18492436.jpg


新しいやかんは、すっかりキッチンに埋もれて存在感を消しておりますが、使いやすくて◎です。
a0263675_19354825.jpga0263675_19362077.jpg


今さらですが、こんなん見つけました。

アムケトル 2.0L 野田琺瑯

野田琺瑯

この形も男前☆ ビンテージな緑がそそります。
a0263675_1964629.jpg



↓ごちゃごちゃキッチンの強い味方☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ←ぽちっと。
[PR]
# by onsix | 2015-09-15 19:59 | 暮らし | Comments(4)


木と土の巣にて


by onsix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

あいさつ

暮らし
庭・花・植物
インテリア・雑貨・器
子ども
おでかけ
友だち
コーヒー
子どもイス
ひとりごと
Conobie

検索

最新の記事

「4年目の黒艶ランドセル」と..
at 2017-06-29 23:57
あじさいとらくがき
at 2017-06-21 16:32
風に吹かれて
at 2017-06-14 21:54
ザ・半年ぶりの投稿☆
at 2017-06-10 22:22
念願の…
at 2016-09-10 00:03

最新のコメント

> Lohas0609さ..
by onsix at 06:01
我が家も2年後にはランド..
by Lohas0609 at 16:40
鍵コメさん 更新待って..
by onsix at 22:46
YOUさん 東のほうへ..
by onsix at 22:35
出遅れました そちらを..
by YOU at 10:04
shirokumaさん ..
by onsix at 14:33
Takumiさん 建物..
by onsix at 14:03
Kanaさん いやいや..
by onsix at 13:50
こんばんは。 先日、初..
by shirokuma at 22:41
UNOKABAN建物がい..
by Takumi at 22:03

以前の記事

2017年 06月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

画像一覧

記事ランキング

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
子育て